2011年5月

2011-5-25

講話 村瀬義史宗教主事mura_R

(参加者の声)
・毎日当たり前のように生活し生きているけど、深く考えればすべてが不思議であって奇跡のようなものであると改めて感じることができました。
・シュバイツァーから始まる感動や歌の輪のようなものがあって、素晴らしいものは伝わっていくのだと実感した。
・「目」(ルカ11:34)の綺麗さはとても大切だと思いました。何かを見出そうとしている人の目は輝いている。歌すごく感動しました。
・「自分にしかないもの」は、まだ何も思いつかないけど、あんな生き方がしたいと思う人はいます。
・私も自分の命をどう生きるか、自分をこの世界でどう生かすかを真剣に考えたいと思いました。
・お話が新鮮でした。私もよく自分がちっぽけな存在だと感じるけど、同時に、生かされているキセキを感じます。
・聖書の「あなたの中にある光」(ルカ11:35)という言葉が心に残っています。
・さだまさしの歌が出てくるとは思わなかった。歌詞がよかった。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/31 14:07

2011-5-24

関西学院室内合奏団による音楽チャペルIMG_0338_R

(参加者の声)
・演奏を聴くことができ、和やかな気持ちになれた。心の中ではスタンディングオベーション。
・どれも知っている曲だったので親しみやすく楽しむことができました。
・美しい演奏を聴くことができてよかった。木管の演奏が特に印象深い。
・「3分クッキング」の曲は聞いたことがあったけど、生の演奏を聴くと雰囲気が違ってよかった。
・初めて室内オーケストラを聞いて心に響きました。また聞いてみたいです。
・今日は前の方の席で聞きました。間近で音色を聞いたり楽器の形を見れたのは初めてですごくよかったです。
・音色がきれいで、今週も頑張ろうという気持ちになれた。
・音楽チャペルが好きです。今回はすごく近い距離で合奏が聴けて良かったです。弦楽器は特に鳥肌が立ちました。管楽器の明るい演奏はとても気分を楽しくさせたもらえました。生の音がとても心地よかったです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/31 13:52

2011-5-19

講話 吉野太郎先生(メディア情報学科)kg (2)_R

(参加者の声)
・パレスチナでの体験談を交えてのお話を通して「出会い」の大切さを教えられました。
・パレスチナの問題には「どうしてそうなってしまうの?」と思ってしまうようなもどかしい感覚をよく覚えます。でも私たちは答えを模索し続けるべきだと思いました。
・日本でも世界でも、問題があまりにも多いことに愕然としました。自分の目で事実を見極める力をつけようと思いました。
・パレスチナの友人が、本当につらさを分かっているからこそ、遠く離れた日本が被災したときにも、連絡をしたり、支援をしたいと思えるのだと思いました。
・パレスチナと聞いてもニュースで見聞きするくらいでしたが、先生の体験談を聞くことで私の中でパレスチナが近いものになりました。
・今自分は普通に生活できているけど、世界には解決しなくちゃならないおかしなことが沢山あるのだと改めて思いました。
・人どうしが争いあうのは「やはり仕方のないことなのか」と考えさせられる一方で、驚くような温かい人との出会いもある・・・不思議です。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/30 14:32

2011-5-18

kg_R春季キリスト教週間 大学合同チャペル 総主題「建学の精神」
第2日 講話  井上琢智先生(本学学長、経済学部教授)
メッセージ「変わらないもの、変わるもの」IMG_0288_RIMG_0258_R

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/30 14:11

2011-5-17

春季キリスト教週間 大学合同チャペル 総主題「建学の精神」
第1日 講話  松木真一先生(理工学部宗教主事)
「深き淵より―神戸三田キャンパスの学生のために」
2011-5-17 (3)_R2011-5-17-2_R1-150x1502011-5-17_R-150x150

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/28 16:14

2011-5-12

2011-5-12_R講話 オムリ・ブージッド氏
(関西学院大学キリスト教と文化研究センター研究員)

(参加者の声)
・チュニジア出身の先生のお話をきけて良かった。とても興味深かったし、今のデモの話をより深い部分まで聞けることはめったにない機会でした。
・ジャスミン革命と聞くとロマンチックに聞こえるけど、実際は命をかけたものすごいものであることを改めて感じた。
・ジャスミン革命のことを全く知らなかったから、今日それについて聴くことができて良かった。世界観が広がった気がした。
・上の地位の人が権力をふるって、下の地位の人を苦しめて、国民が怒るのは当然だと思う。何事も誠実にしようと思った。
・若い人たちがジャスミン革命の担い手になったが、もし日本で不満があったら声を上げられるだろうか、と思った。
・たった一人の考えや思いでも、日本を変える可能性をもっている、という部分に感動しました。
・今日読まれた「一つの部分が苦しめば全体が苦しむ」という聖書の言葉が心に残った。
・ジャスミン革命が、単に一国の民主化を求める革命ではなく、これからの国際社会の在り方を考える上で重要な要素を多く含んだものであると感じた。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/28 15:59

2011-5-11

講話 小池洋次先生(総合政策学科)2011-5-11_R

(参加者の声)
・実際に海外で活躍されていた先生のお話はとても興味深かったです。
・「恥をかくことを恐れてはいけない」という言葉を聞いてぐっときました。せっかくこの大学に来たのでいろんなことに挑戦したいです。
・小池先生のお話をお聞きし、わたしも積極的に英語を話していきたいと思いました。思いきって間違えて、自分の英語を上達させたいです。
・記者としての実体験を聞くことができてとても良かったです。恥を恐れてはいけないというメッセージも心強かったです!
・恥をかくのは自分の欠点や問題点を見つけて改善できるチャンスだという言葉に感銘を受けた。
・小池先生のお話を聞いて英語の大切さを知ることができた。これからECの勉強を頑張っていきたいです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/26 22:37

2011-5-10

2011-5-10_R マレーシア家建設活動報告(Eco-Habitat関西学院)

(参加者の声)
・マレーシアに行った人たちは何か大事なものを手に入れて帰ってきたようだった。行動に移せる彼らは尊敬できる。
・一つのことに信念をもって、仲間と共にやりとげることは素晴らしいと思います。大学生の間に何かやりたいです。
・家を建てるということは小さなことかもしれないけど、大きなことを成し遂げようと思えばそういうことから始めていくのが大切だと感じました。
・”自分の建てた家が住民の未来を変える”という長谷川さんの言葉が印象に残りました。すごく興味のあるプレゼンでした。
・こんなに頑張っている学生がいるんだな、と思ったら感動しました。すごいと思います。
・海外ボランティアに以前から興味を持っていたので家一つ作ることの素晴らしさがすごく伝わった。繋がりもできてとても素敵な活動だと思う。
・話を聞いたり動画を見たりして、実際に自ら動いてやることでしか得られない大切なものがあるのだと思った。私も小さなことでも積極的に取り組んでいきたい。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/26 22:21

2011-5-4

講話 村瀬宗教主事

(参加者の声)
・「His eye is on the sparrow」という曲をいろいろな人がカバーしている事に驚いた。ゴスペルは聞いてて耳に心地よいです。
・新生活が始まって1か月。いろいろな壁にぶつかり、自分がいかにちっぽけかを感じさせられていた今の自分にぴったりのチャペルアワーだった。この曲のような考えでこれから生きたいです。
・人に対して謙虚な人ほど一番偉いのかな?って思いました。小さいものにも、それをあたたかい目で見れる人になりたいです。
・大きな失敗をしたとき自分は何で生きているんだろう、消えてしまいたいと思うことがあります。でも、小さな自分でも受け入れてくれる仲間や家族や神の存在があるから人は励まされてまた前向きに生きて行けるんだと思います。周囲の小さなことにも視線を注げる大きな心を持ちたいです。
・His eye is on the sparrowを聞いてこの歌詞はとても良いなと思いました。私自身も一人で行動することが苦手なのですが、別にそれを恥ずかしがる必要はないんだと思いました。
・今も昔も、たくさんの人が同じような悩みを抱えていることが聖書を通して分かることが素晴らしいと思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/24 15:07

2011-5-3

関西学院Eco-Habitatによる活動報告2011-5-3 (2)_R

(参加者の声)
・世界中で家がなくて困っている人々のために関西学院のサークルが大いに貢献していることがよくわかりました。この学校に来てよかったと思います。
・住居がわたしたちにとってどれだけ大切であるかが改めて分かり、ハビタットについて知ることができてよかったです。
・エコハビタットが具体的にどういう活動をしているのか詳しく知ることができて、関西学院の信念を垣間見たような気がしました。
・同じ学生なのに、他の人の役に立つことをしてすごいと思った。自分も何か人の役に立つことがしたい。
・エコハビの活動は家を建てることだとは知っていたけど、世界と協力し勉強して活動していて、すごいサークルだと思った。
・一人暮らしをしてみて本当に分かった。安心できる場所で安らげる家は必要だ。家は本当に大切だと私も思う。
・今日はちょっと辛いことがあったのでチャペルに来てちょっと楽になれた。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/5/24 14:53