2011-7-7 チャペル

hasegawa prof講話 長谷川計二先生(都市政策学科)

(参加者の声)
・考えて物事を行うことは大切だと思いました。希望を持ちそれを叶えるだけの意志をもって過ごしていきたいと思います。
・今日の賛美歌にあるように、家族、友達、先生、地域の人みんなと「共に生きたい」と思いました。
・私もスポーツをしていたのでスポーツを通していろんなことを学ぶというのがすごくよく分かりました。先生の声は心が和みます。私も希望と意志をもって日々を生きたいと思った。今日も心に残るチャペルでした。
・勉強もスポーツもできないと面白くないけど、できるようになると楽しくなると聞いて、これまでの経験をふりかえって同感しました。
・被災地のヨット部のことを聞いて、私も自分のできるこを精一杯がんばりたいと思った。
・成長のためには自分をよく知るべきだという言葉が印象的でした。希望をもつことを大切にしたいと思います。
・「人間には希望が必要だ」という言葉が心にしみました。
・テスト前で焦っている気持ちを落ち着かせられたので良かったです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/7/7 17:35

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール