2011-7-12 チャペル

三田支援ネット:被災地支援の様子、および夏の活動についてIMG_0812

(参加者の声)
・大学生同士で協力し合って復興支援をしている様子を聞いて、全国の学生のつながりが強くなっていることを感じた。
・同じ関学生でも、自分で考え、Mastery for Serviceの考えを実践している人がいて、自分も頑張りたいと思いました。
・自分の足で東北に行った人たちの話は心に響きました。まだまだ様々な支援が必要だと思うので、自分のできることはできるだけ何でもやろうと思う。
・同じ学生が積極的に活動していることを知り、刺激を受けた。
・三田支援ネットのように、活動の情報を提供してくれる団体はとても大切だと思います。
・私は実際6月に宮城県石巻市に行ってきました。夏休みももう一度何かに参加したいなあと思い、スケジュールの調整中です。
・今月私も気仙沼にボランティアに行ってきました。まだまだ人手不足なことを改めて身に染みて感じました。また参加したいです。
・多くの大学生が一致団結してボランティアに励んでいるのがすごいと思いました。計画されている夏のプロジェクトに参加したいと思いました。
・関西と東北は離れているけど、関西に住む私たちにも参加可能な活動もたくさんあることが分かりました。ますますボランティアが必要であることを知り、何かしていくべきだと思った。
・同じ1年生の友達がこうして頑張っているのを見て、私もボランティアに参加しようと思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/7/12 12:07

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール