2011-7-14 チャペル

2011年度春学期最後のチャペルmurase714
講話 村瀬宗教主事

(参加者の声)
・週に一度、チャペルに参加することで、自分を見つめることができたし、先生方や仲間の話や発表を聞いて、さまざまな生き様や人生に触れることができたと思います。
・外見にお金や時間をかけて、外からどう見られるかに気をとられがちだけど、チャペルアワーで自分自身を見つめなおすことができた、というのはその通りだと思った。
・私には目標があるから、いつも勉強しなきゃって焦っていました。でも、そんな自分の心の中はトゲトゲだなあって思います。自分を見つめなおす時間をとって、もっと人に優しく接することができればと思いました。
・自分自身を振り返る機会はなかなかありません。しかしチャペルやキリスト教学で少しだけ今の自分自身の思いや考えを見つめることができたと思います。
・たしかに、人にどう見られるか、また世界の出来事など「外」に向かう意識は強くても、自分の「内」を深く考える時はないので、チャペルは大切だと思った。
・チャペルアワーほどいろんな話を聞ける場所はないと思いました。キリスト教だけでなく、生きる上で大切なことをたくさん学べたと思う。
・最初は点数目当てで参加していましたが、今は講話や歌を楽しんでいます。とてもよい時間になりました。賛美歌「心に愛を」を歌えるようになれてよかったです。
・”Living on a prayer” いい曲の弾き語りをありがとうございました。今学期最後のチャペルだと思うと、少しさびしくなりました。
・これ以上でもこれ以下でもない、ありのままの自分を見つめ直すことの大切さを実感しました。
・大学生活が「準備の期間ではなく、いまが本番だ!」という言葉に目覚めさせられた。
・楽しむべきこと、悲しむべきこと、一つ一つ本当に大事にして過ごして、「想像力」を働かせる人になりたいと思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/7/14 15:08

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール