2011-12-15 チャペル

IMG_1590講話 平林孝裕先生(国際学部教授、大学宗教主事)

(参加者の声)
・どんな些細なことでも、多くの人の力が集まったら世界は大きく変わると私もそう感じました。誇りを持っていま私にできることをやっていきたいです。
・まず実現できると信じることが、平和や復興への第一歩だと感じた。平和や復興への実現に向けて自分にできることから始めようと思った。
・キャンドルジュンときいて、あまり良いイメージをもっていなかったけど、彼の活動が平和を目指して世界を変えようとする活動だと知り、感動した。ロウソクって、本当に神秘的なものだと思う。
・チャペルに来るたびにクリスマスが近づいてくるのを感じることができます。クリスマスの賛美歌を歌うことができ、とても楽しく充実した時間を過ごせた。
・キャンドルジュンさんの話から始まっていったい何を話すんだろうと思ったけど、キャンドルを通じて様々な深い話を聞くことができました。大学に入ってキリスト教について勉強したので、今年のクリスマスは楽しみです。
・自分にもできる小さなことの積み重ね。まずは自分の意識や生活を変えることから始めようと思った。
・心のどこかで無理だと考えているから無理なのだ、というのがとても印象に残った。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/12/15 14:29

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール