2011-12-21 チャペル

IMG_1617講話 村瀬宗教主事
絵本「ありがとう、サンタさん」を手がかりにクリスマスについて学びました。

(参加者の声)
・さみしくて冷え切ってしまった少年の心が、サンタさんのプレゼントというよりも、自分に優しく温かく接してくれる存在への感謝によって、少年の中にあった思いやり・優しい心をよみがえらせたのだと思った。
・絵本をみて、小さなことでもこんな暖かい場面が世界各地のクリスマスに起きたらいいな、と思いました。
・最後がとても気になった。おばあさんと一緒にクリスマスを過ごしたのか。いずれにせよ男の子がクリスマスを通して変わることができた点はこの絵本の大事な点だと思う。クリスマスを大切に過ごしたいと思った。
・クリスマスを、本来はキリスト教の祭事であることを意識して過ごすのは初めてだ。
・絵本の少年の心境の変化にも驚いたが、少年の過去を問わずにお礼を言えるおばあさんもすごいと思った。
・絵本に考えさせられることはなかなかない体験でした。男の子はなぜあんなに変われたのか、誰が毛布をかけたのか、とても気になります。
・Happy Christmasは私の大好きな曲です。特に”War is over, if you want it.”のところ、本当にそうなればいいのにな、と思います。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/12/21 15:38

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール