2011-12-22 チャペル

ツリー点灯式(20111128)講話 村瀬宗教主事
「クリスマスの祈り」を通して考えました。幼子イエスのもとに駆け付けて宝を贈った”占星術の学者”(希:magos<英:magic)にちなんでいくつか手品をしました。

(参加者の声)
・手品で笑いました。楽しい気持ちでクリスマスを迎えることができそうです。また絵本で本当の豊かさはお金の有無に関係ないというのが印象的でした。
・絵本はとても良い話でした。ささやかな祈りでしたが、一番のクリスマスプレゼントだなあと思いました。
・マジックで笑顔になれた。クリスマスは人々にとって大切なもので、わたしも祈ろうと思った。今年も一念無事に過ごせたことに感謝して、来年も頑張ろうと思う。
・お金では買えないものがある、とはよく言われるけど、今回の「手紙」の内容はさらに深く、気持ちが込められていた。
・次回のチャペルでタネあかしをお願いします。宝物はなんですか?と問われて、わたしは何もでてこなかった。
・今年はいつも以上にクリスマスを身近に感じられる年になりそうです。
・今年一年、キリスト教学は苦手でもチャペルはほぼ毎週行っています。大学を卒業してもチャペルに通いたいです。
・本がよかったです。人にとって大切なものが何であるかを伝えていると思いました。私も周りの友だち、家族にたくさんの幸せを祈り、贈りたいです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2011/12/22 13:48

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール