2012-7-11 チャペル

IMG_2896講話 村瀬宗教主事

(参加者の声)
・今の自分の生活に欠けているものの一つは「祈り」だと感じた。日々の中で目の前のことに目がいってしまいますが、もっと”遠く”の事柄を考え、行動したい。
・今の状況を越えていけるビジョンをもっているのか?!という言葉が心に残った。
・自分が苦しい状況にある時、発想の転換をもって、自分が何を期待されているのかしっかり自分を見つめる時間を持ちたい。
・「遠くのこと」を目指す祈りの方が強い、ということ。敵のために祈ることが大切だと思った。
・「境界線を越える」ビジョンを持つことは自分を強く持たないとできないと思います。自分が強くないと相手、敵、未来のことなんて考えられないから。
・いろんなものを越えていくビジョンというものを、わたしは持っているつもりです。絶対にいろんなものを越えてみせます。
・「ビジョンをもつこと」は今の私に大きく関係していると思いました。踏み出さなければならない時なのに、限界を超えて頑張れる自信がなくなっている自分を変えたい、変わりたいと思いました。
・今日の話を聞いて私はもっと広い心をもって人に接しなければならないとすごく感じた。他人の幸せを願って生きる人になりたい。
・祈りの深さに少し触れることができた気がする。自分にとって都合の悪いことが起こっても、考え方を見つめなおし、人に対して何ができるかも考えていきたい。
・現状の中でウジウジすることもあるが、それを突破するビジョンを持っているか。わたしは持っていないと思う。
・人間は人生の中で困難に立ち向かいながらも、自分の能力の限界を超えていかなければならない局面があると感じた。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/7/12 11:57

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール