2012-7-12 チャペル(春学期最終回)

IMG_2908講話 村瀬宗教主事

(参加者の声)
・大学はたくさんのことが学べる所だと改めて感じた。ダイガクセーではなく関学生として充実した夏を過ごしたいと思う。
・自分の名前の由来とともに「本当の名前」を考えてみることは、自分を理解することにもつながると思いました。
・今日で春学期のチャペルが終わった。この時間はさまざまな企画があって面白かった。秋学期も積極的に参加したい。
・今学期最後のチャペルが音楽チャペルになって、癒されました。
・私も一度真剣に自分の”本当の名前”に向き合いたいと思います。
・先生の心のこもった歌でした。いつも楽しい心が落ち着くチャペルをありがとうございました。
・一番印象に残るチャペルでした。1980年代の曲が大好きなのでうれしいです。
・春学期最後のチャペルということで寂しい気持ちですが、ギターと歌がよかったです。最後会場がひとつになってとても楽しかった。
・友達と騒いでいても、探求は一人でしなくちゃいけない。その道を踏みしめることが大切だと思った。
・春学期最後のチャペルを迎えました。春の新しい風、猛暑の涼しい風、迷い時のガイドのような心をしずめるチャペルを感謝します。また秋学期。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/7/12 12:25

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール