2012-11-14 チャペル

IMG_4065EcoHabitat 関西学院 
”SHIFT12” プロジェクトの報告とメッセージ

(参加者の声)
・東北の話題がメディアで取り上げられなくなり関心が薄れているが、復興に向かって今まさに多くの方々が頑張っていることを忘れてはならないと思いました。
・実際、支援したくてもなかなか実行できないと思っていたので、報告を聞いていて刺激を受けました。今月、東北に行くことになっているので、行くからにはたくさんのことを感じてこようと思いました。
・東北へ、ボランティアというよりも観光に来てほしい、と現地の方がおっしゃっていた、ということが心に残りました。
・月日が流れ、東日本大震災のことが風化していく中で、このような活動を通して復興はこれからだと再確認させられました。
・プレゼンを聞いて、支援をするには実際に現地の人々が求めているものを知る必要があると教えられた。
・東北のことであったり、どんなことでも伝えていくことの大切さを感じました。東北に対するイメージが変わりました。
・エコハビはフィリピンなどで家建設をしているだけでなく、東北のために募金活動などをしていることを知って感心しました。
・私も今月に東北ボランティアに行きます。エコハビの皆さんが感じた思いを、自分も感じたいと思いました。同じ日本にいるのに何も知らないのは残念です。とにかく動いてみたいと思います。
・東北に対する支援は、ただ現地でボランティアをするだけでなく、観光など他の形で今できることがあるのだと気づかされた。
・私自身SHIFTに参加し、懐かしい思いで報告を聞きました。あの時の強く熱い思いが込み上げてきて、改めてこの活動を継続したいと思っています。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/11/14 11:59

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール