2012年11月

2012-11-6 チャペル

IMG_3855講話 上野真城子先生(都市政策学科)

(参加者の声)
・入学前から「世界市民ってどういうことなんだろう、どうやったらなれるんだろう」と考えていましたが、今回の話はヒントになりました。偉大なキャリアを持つ先生の話を聞けてすごく良かったです。
・関学のモットーを日ごろから意識して、語学を学んだり世界について学ぶ必要があると思った。自立してこ私にできることを決断しながら実行していきたい。
・日々学び続けて今できることは何かを探し続けることが大切なんだと心の底から感じた。政治と政策の違いについて初めて気づいた。
・先輩に話を聞いていた先生のお話しだったのでとても有意義な時間でした。世界市民として生きて行くために必要なことを教えていただき本当によかった。
・上野先生は自分がやりたいことをしっかりと考え、実行していてすごいと思った。すごく目がキラキラしていて素敵でした。政治についてもっと勉強します。
・政策、政治を知ることの銃声を知った。自分で考え、情報を見極め、政治に参加するべきだと思う。
・世界市民になるためには、自分に何ができるかをきちんと模索して、行動することが大切だと思いました。まずは世界のことを知るのが必要。海外の新聞を読もうと思いました。
・上野先生のお話はとても迫力があり、感動しました。Democracyの重要性について考えさせられました。
・世界中で起きていることを理解することが世界市民への第一歩になると思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/11/6 15:41

プロフィール