2013-1-10 年度末チャペル

IMG_5417IMG_5374気仙沼大島プロジェクト(第13回)
参加学生による体験談とメッセージ

(参加者の声)
・今年度最後のチャペルは、気仙沼大島での支援プロジェクトの報告でした。まだあの震災は終わっていないと改めて思いました。
・自分の言葉で、見てきたものを語りかけることができる人が同じ学年にいて誇らしかった。言葉には表せない気持ちがすごく伝わってきた。
・このプロジェクトに参加したメンバーとして、チャペル報告ができたことをすごく嬉しく思いました。震災は今でも続いていることを多くの人に覚えてもらいたいと思いました。
・私も6月に気仙沼に行き、メディアで伝えられている東北の姿と実際の姿の間にあるギャップに驚きました。今日の報告を聞いて、あらためて東北と関わっていきたいと思いました。
・最後のチャペルに参加できてよかったなと思いました。震災の話を聞いて、少しでも役に立てるような事をしていきたいと思いました。
・「知っているつもりでいた」という言葉が印象的でした。実際に行かないと感じることができないものがあると痛感しました。
・大島でのボランティア体験を語る学生の言葉で、辛さに共感するのは難しいが、共感しようとした、という意味の言葉・行動がとてもいいと思いました。
・私もこのプログラムに参加しました。自分にできることは微力です。だからこそ継続した関わりが必要だし、現地を知ることが大事だと思いました。
・私も東北支援に参加したことがあります。違うチームの、違うアプローチを知ることができるよい機会でした。でも感じたことで共通する部分があってよかった。
・震災が起きた時は高校三年の時で、何もできない自分が情けないと思っていました。今、当時の思いがよみがえってきました。必ずボランティアに行きます。
・私自身、震災のことを忘れかけている一人でした。今回の報告を聞いて、決して風化させたくないと思いました。
・現地に訪れること。現地の人と触れ合うことで気づかされるもの。とても熱くなりました。1年間チャペルに参加して、自分の世界がとても広がったと感じます。ありがとうございました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/1/10 12:56

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール