2013年4月

2013-4-30 チャペル

IMG_5678フィリピンの女性と子どもと一緒に歩む学生団体 くじら
活動報告とメッセージ

(参加者の声)
・「共に歩む」というキーワードにいろいろと考えさせられた。
・くじらの活動を初めて詳しく知って、関学のMastery for Serviceとはこういうものなんだと感じた。
・入学して1か月が過ぎて疲れてきています。なのでチャペルで心が静まってよかったです。また発表を聞いて自分もなにかしたいと思いました。
・フィリピンに興味がなかったのですが、今日の発表を聞いてゴミ集めで暮らしている人がいることや洪水被害を受けやすい地域でもある、ということを知りました。
・「~のために」という一方的な協力ではなく「共に歩む」という団結がひとつのモット―になっていることが素晴らしいと思いました。今の時代、若い私たちが何かしなければ世の中は変化しないのかもしれない。
・私もサークル選びで迷っているので、「身を置いてみる」ということが大切だということに気づかせてもらった。
・上から目線で一方的に支援を行うのではなく、自分たちも学び成長しようとしている姿勢が好印象でした。
・私たちくじらの活動紹介で、あらためて客観的に発表を聞けて見つめ直すきっかけになりました。
・くじらの、フィリピンの人々と共に歩むというポリシーは「目からウロコ」だった。このような発想は全く思いつかなかったので、大切にしたい。
・私はボランティアって、やらされてる感があると思っていました。でも、皆さんは楽しんで活動していて、私も入りたくなりました。
・くじらの活動に興味を持ったし、2回生の人の言葉に感動しました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/30 11:42

2013-4-25 チャペル

IMG_5659KSCY (Kobe Sanda Christian Youth/ KSC Ymca)
活動報告とメッセージ

(参加者の声)
・YMCAのことをほとんど知らなかったけど、今日の話を聞いて様子が少しわかった気がします。地球市民育成プロジェクトに興味がわきました。昼休みに聞きに行きます。
・先輩たちの話を聞いて、アジアの人々と交わるのも興味深いな、と思いました。
・KSCYが体験や思ったことをじっくり話す場になっていると知り、ステキだと思いました。
・自分で行動できる方々ばかりで、私も自分のしたいことを思いきって挑戦することが大切だと感じました。
・今の私と同じ1回生の最初でプロジェクトへの参加を決めたのはすごいと思いました。その行動力は今の自分には欠けているなと思った。
・KSCYの皆さんは1年生の時からいろいろと考えていてすごいなと思いました。考えるだけじゃなくて行動に移している。
・大きなイベントを目的とするのではなく、ひとりひとりが好きなことをしている各自が、自分の活動について共有して深めていくということがユニークだと感じた。
・積極的にいろんな行動を起こさないと、せっかくの人生がもったいないと思いました。
・ある一つのきっかけで生活が変わったり、考え方が違ってきたりする。そういうことが起こり、私も何か変わればいいなと思いました。
・KSCYの活動は楽しそうだなと感じました。目標を決めて行動したいと思っているのは私も同じなので、頑張りたいと改めて感じた。
・キリスト教精神で活動する団体に入ってみたかったので、すごく興味深かったです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/25 13:49

2013-4-24 チャペル

IMG_5651講話 村瀬義史 宗教主事

(参加者の声)
・孤独と単独とは違う。群れるのが好きではなかったが、最近は、人と一緒にいることに安心している気がしたので、先生の言葉が胸にささった気がした。
・ひとりでいることって、周りの目が気になるしプレッシャーがかかる。でも、ひとりでいられるというのは、それだけ自分に自信がある体と思う。
・毎週水曜日にチャペルに出席しています。チャペルは一人になる時間、というのは本当にその通りだと思います。
・1人になること、深く見つめること、など今まであまり考えたことはありませんでした。今までは逆のことばかり考えていた。
・孤独ではなく、単独になる時間の大切さを教わりました。単独だからこそ互いに支えて生きることが大切に思える。
・一人になる。その大切さを感じることができた。まあ大学でも家でも一人の時間が多いけど。少しサミシイカモ。けれど、時々、単独で雑音の無い澄んだ時間を過ごすことは楽しいことかもしれない。
・集団から切り離された、単独の時間を持つことの大切さを知りました。このチャペルの時間は自分と向き合うとても濃い時間になった。
・四川省で大地震が起きたので、このチャペルを通して被災地の同胞たちのためにお祈りします。皆さん頑張って生きてください。
・遠く視野を広げるのも大切だが、深く物事を追求してゆくのも大事だ。
・一人でいることが結構あります。それを恥ずかしいと思う時もありましたが、考え方が変わりました。今日来てよかったです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/24 16:03

2013-4-23 チャペル

IMG_564講話 細見和志先生(総合政策学科)

(参加者の声)
・イエス・キリストが伝えたいことは、しもべになりなさい=人の話をよく聞いてあげること、というのが印象に残った。リーダーに求められているのはコミュニケーション能力だと言われるが、どれだけ人に気を遣い、サポートして話を聞いてあげられるか、ということが大事だと気づくことができた。
・これからの学生生活の過ごし方や人生の生き方について学べてよかった。私はチャペルにはまってしまった人だと思う。
・1日のうち、こうやって心を落ち着かせる時間があっていいと思いました。先生の体験談も聞け、自分を調整できるので、ぜひこれからも積極的に参加したいです。
・今日は先生の話を聞いてとても前向きな気持ちになりました。大学生活が始まって、新しい生活が始まって不安がありましたが、それが軽くなった気がした。大学生活が楽しみです。
・先生の学生時代の体験を知ることができました。自分もチャペルにはまりかけています!細見先生の授業を履修しているのですが、たしかに授業の時の先生とチャペルの時の先生は違います。
・授業よりチャペルアワーが好きだった、という話がすごく面白かったです。確かにチャペルで話されている先生方はみんなイキイキとお話しされているなと感じます。
・イエス・キリストはリーダーは仕える人だと伝えていて、私が考えていることと逆だった。リーダーは自己主張より聞くことも大切だと思った。
・リーダーシップに必要なものは「発信力」だと思っていたけど、「聞く力」という考え方にはおどろいた。今日のチャペルは自分を見つめる上でよいものになった。
・私は大学に入っていろんな友だちが出来て、本当の自分とか本当の性格とかに対して疑問を持っていました。でも、変わるのは当たり前で、ありのままの自分を受け入れていこうと今日思えました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/23 13:38

2013-4-18 チャペル

IMG_5599講話 李 政元先生(都市政策学科)

(参加者の声)
・自分の勝手な「物差し」ではかって自分の生きる価値を決めつけるのではなく、自分に語りかけられている声を聴き、自分と向き合ってそれを行動に移していくことが大切だと思った。
・自分は自分でしかないから、他の人と自分を比較しすぎないようにしようと言っているように感じた。自分自身を持たなければならない、と思った。
・私は典型的に人を自分の秤ではかり、自分もはかってしまう人間です。人をうらやみ、自分はダメだと思って悩むことが本当に多いです。でも、自分は他の何者でもなく自分。李先生の言葉を励みにしたいです。
・自分の生きている意味は何かわからないと言われれば、たしかに私も分からないです。でも毎日新しいことや新しい人に出会うと楽しいです。それも生きている意味につながるのかなと思いました。
・私はよく他人と自分を比べます。だからすごく悩んだり不安になります。今日の李先生の話を聞いて少しは「自分は自分」と思えました。
・自分自身にしかできない生き方ができる、できていると言えるくらい、かっこいい生き方をしたい。この四年を大切に、今までの人生の中で一番充実した時期にしたい。いろんな先生と話したい。
・生きるということの意味が難しくて理解できていませんが、人間は他の動物と違って感情がある分、生きるという意味も難しくなっているのだと思います。80年くらいかけてゆっくり考えていきたいです。
・たとえ授業を怠けたいと思っても、それが果たして適当なのかを自分に問いかけられるようになりたい。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/18 15:17

2013-4-17 学部創立記念チャペル

KG総政は、学部創立から18年目を迎えました。創立記念チャペルの中で、
SPS-Award(成績TOP10・Best Contribution)と「小島賞」(優秀論文賞)の授与式が行われました。
IMG_5580

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/17 13:32

2013年度チャペル・オリエンテーション(4/9~4/16)

IMG_5560
IMG_5544

KG総政チャペル2013、はじまりました!
講話 高畑由起夫先生(学部長)

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/4/11 13:15