2013-6-25 チャペル

IMG_6236講話 末岡成夫氏(三田北摂ルーテル教会牧師)

(参加者の声)
・聖書の内容を、絵本を通して楽しく知ることができたと思います。普段の不安などに対する新しい視点を得られたような気がします。とても心あたたまる時間でした。
・教会の牧師さんのお話を聞く機会はなかなかないので、今日のチャペルに来てよかったです。
・評価はある場面では必要だが、それがその人の全人格にまで及ぶと勘違いすることは危険だと知らされた。気持ちが楽になりました。
・周りの評価は必要だと思う。けれども評価のために生きようとする姿勢は格好悪いと感じる。
・レッテルに対してどう向き合うかということをテーマにしたこの話は、大切なもの、本質を見る目をやしなうことを示唆しているのかなと思った。
・1人1人オンリーワンというのはよく言うけど、それでも他人の評価が気になるのが人間なので、何が問題になのか考えてみたい。
・牧師さんが読んでくださった絵本はすごく心にジーンときた。自分を大切にしようと思いました。
・人はそれぞれ大切で、ひとつの基準ではなくいろんな価値観から評価されていいんだと改めて思えて良かった。普段の生活の中で忘れていることが気づけて良かった。
・私はいつも他人との比較をしてそのたびに落ち込んでいるので、今日のお話しは身にしみ、ハッとさせられました。
・今日のチャペルでみた絵本はとても内容が深かったです。大学では将来のことを考える機会が多く、悩む時があります。しかし止まっているのではなく行動してみようと思いました。
・評価は大切だが、否定されたとしても人格、自分そのものを否定されたと勘違いしてはならないと思った。
・チャペルのお祈りの言葉は毎回心にしみ、共感でき、心が落ち着きます。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/6/25 12:49

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール