2013-7-11 チャペル

IMG_6479学期末チャペル 村瀬宗教主事

(参加者の声)
・今日はさよならチャペルでした。今までチャペルに出てきて色々な人の話を聞いて、前向きに自分のやりたいことをやる勇気をもらいました。
・先生がおっしゃる「出会いの場」というのはチャペルをあらわすのにぴったりの言葉だと思います。チャペルでのお話しは自分が持っていなかった観点の話や自分とは違う意見にふれることが出来て、いろいろ考える時間でした。
・チャペルは本当に心安らぐ時間であり空間でした。総政のみんなと先生と一緒に祈る気持ちは、私の一日の素晴らしいスタートでした。
・様々な歌をありがとうございました。春学期のチャペルは毎回興味深くて、フワフワした気持ちを落ち着かせてくれる時間と空間でした。
・チャペルではいやし、やる気、元気、勇気をもらえました。いつも違ったお話を聞けて楽しかったです。
・最初は点数になると思って行っていたけど、チャペルは毎回新鮮で、得るものが必ずあって、まったく飽きなくて楽しみに来ていました。秋学期も来たいです。
・チャペルで活動発表をされる方々を見ると、どの方も強い意志を持っていて刺激を受け、圧倒されました。
・自分と違う関心を持って活動している人や経験をいっぱい積んだ人の話を聞けて、勉強するモチベーションが上がった。
・チャペルで様々な人と出会い、話を聞く中で改めて思ったのは、魂を燃やし続けている人は輝いていてまぶしいということでした。自分も輝きたい。
・先生の話を聞いて自分にしかないもの、オリジナルなものを探す夏にしたいと思いました。ラストチャペルの弾き語り、楽しかったです。
・先生の弾き語りなんて普段あまり聞けないのでよかったです。チャペルは自分を見直し、他の人から刺激を受ける大切な時間でした。
・一つの世界でしか生きてこなかった自分にとって、このチャペルの時間は自分の知らない世界を見せてくれる有意義な時間でした。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/7/11 11:42

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール