2013-10-9 チャペル

講話 村瀬義史(宗教主事)

(参加者の声)
・秋は確かにもの悲しい曲が多いですが、落ち着いた雰囲気が好きです。また、視覚に頼りすぎているという話は本当にそうだと思いました。秋はfeelを大切にしたいです。
・秋の歌謡曲、どれも切なくていいですね。無痛社会という話、とても興味深かったです。面倒なことを機械にすべてやらせるようにしたら人間どうなるんだろうって本当に思った。
・合唱していたころ秋の童謡をよく歌ったので懐かしい気持ちになりました。マイナー調が秋の様子にマッチしていいなと思います。
・普段と違うチャペルに出ることができてよかったです。便利であることに悪い面があると考えたことがありませんでした。
・様々な情報が行き交う世界の中でいろんなものにひかれ、本当に大切なことから離れていることが多いと思いました。今の大学の時期にやらなけばならないことをしっかりとやりたい。
・いろんな秋の曲が聞けてよかった。学科選択で悩んでいますが自分がやるべきことを主体的にやりたい。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/10/10 20:55

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール