2014-1-9 学期末チャペル

講話 村瀬義史(宗教主事)

(参加者の声)
・”自分がしたいと思っていることが、結果的に他者や世界のためにもなっているような・・”という部分が印象に残っています。これからの大学生活の中で、他人と共に生きるような事柄が、私の生き方になったらいいなと思いました。
・Is this the world we createdの歌詞はとても良かったです。人の痛みを分かることができる人になりたいです。
・クイーンの歌に先生が付けていた訳を見て涙が出てきました。「神は天から私たちの世界を見てどう思っているのだろう」という歌詞がありましたが、きっと悲しんでいるだろうと思いました。神がほほえんでくれるような世界を私たちはつくらなければならないと思いました。
・自分が望むことと世界が必要としていることが重なるような、”正しい”夢を持てるように視野を広げよう。考えたら当たり前だけど、今まで自分がこういう考えを持っていなかったので衝撃でした。
・今までチャペルに出席してきてよかったなと思いました。自分と向き合い、また他の人や物事について考えるいい時間になりました。
・「今の自分は、過去からすれば一番、年をとっているが、未来からすれば一番若い」という言葉が心に残った。前向きにこれからの学生生活を送りたい。
・試験の点数はすごく大事だけど、それだけではなく困っている人を助けることなども、忘れてはいけないと改めて思いました。
・1年間、チャペルに出れてよかったと思います。知らなかった活動や物の見方を得ることができたし、少し自分が「グローバル」に近づくことができたと思う。来年以降も出席します。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/1/9 12:20

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール