2014年7月

2014-7-9 チャペル

DSC01791松尾歩さん、妙木彩夏さん(総政3年)
トルコ交流セミナーの体験から

(参加者の声)
・写真を見ていて、トルコに関心を持ちました。楽しみと同時に真剣な議論もあって、このプログラムが参加した人たちの心にずっと残るものだと思った。
・トルコという国に対してそんなに親近感がなかったけど、このプレゼンを聞いて関心を持ちました。このセミナーは自分たちで企画運営できるので、思い入れが強くなると思いました。
・やはりこのような交流が異なる文化の人々の価値観を学ぶうえで大事だと思いました。自分ひとりで学ぶのは難しいと思いました。
・実際に、異国で生きている人々と会って過ごさなくては、その人の文化をきちんと理解することは難しいと思った。私も、いろいろな人と出会いたい。
・トルコ交流セミナーについては知っていたけども、一から自分たちで企画するとは知りませんでした。自分が想像していたよりも、多くのことを身につけることができる機会だと思い関心をもちました。
・異文化の中で過ごすことが、政策を学んでいく上でも大切だと思った。
・キャンパス内のトルコ屋台で、ケバブとトルコ風アイスを食べました。とても気さくな店員さんでトルコに関心を持っていたので、このプレゼンを聞いて、交流の楽しさがよく分かりました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/7/9 12:06

2014-7-8 チャペル

DSC01775講話 鎌田康男先生(総合政策学科)

(参加者の声)
・人には疾走型と散歩型のタイプがいるということが面白いなと思いました。何かを見るときに、目的のところだけでなく、周辺の状況も見るようにしたい。
・今まであまり考えたことのないような物の見方の話だった。新鮮かつ深い話で、新しい視野で物事を考えたいと思った。
・私は旅行する時などはスケジュールがびっしり決まっていないと不安になるので「散歩型」の旅行は苦手です。しかし本当に現地を体験することができるのは散歩型だと思いました。
・私はこれまで疾走型が良いと思っていました。でも、鎌田先生のお話しを聞いて散歩型の人生にとても魅力を感じました。
・同じ道や旅行先でもそれを過ごすうえでの価値観の違いによって、感じることが大きく異なることを改めて思いました。自分も人に関わる機会に、いかに多くのことを感じられるか考えて行動したいと思った。
・モノしか見ないのではなく、周りをきちんと見ることが大切だと感じました。
・ぼくも今、学科選びのための散歩型のキャンパスライフを送っています。そのせいか、いろんなことに興味を持っています。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/7/8 12:39

2014-7-3 チャペル

DSC01732Bridge for Children, KGU
活動報告とメッセージ

(参加者の声)
・やらなければならない事、やろうとしている事を考えているだけでなく、実際に行動することが大切なのだと思いました。
・Bridge for Childrenの存在は、高校の時に発表しに来てくださったので知っていました。とても興味を持ちました。ムービー感動しました。
・食料の支援だけでなく、芸術活動や運動、教育など多種多様な活動をしていて感銘を受けました。現地での体験はリアルで、考えさせられました。
・今日のお話しを聞いて、今必要なのは短期的な支援と同時に長期的な支援なのだと感じました。ビデオを通じて、当たり前が本当ではないことを学びました。これからできることを考えたいです。
・人それぞれだが、私たちが嫌々行っている学校にも、行けない子どもたちがいること、1日1食しか食べられない人がいるのだということを改めて知りました。
・自分にもこの活動に参加してみたいなと思いました。同じ人間であるのに、暮らしにどうしてこんなに差があるのか、どうにかしたいと思いました。
・世界中には食糧不足、環境汚染の中で生きている方がたくさんいます。それを知るだけで終わるのではなくて、現地に行って何か支援したいと思いました。
・私も、似た形でカンボジアに支援を行う団体を立ち上げました。今日のプレゼンを聞いて、自分の活動ももっと頑張ろうと思えた。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/7/7 11:00

2014-7-1 チャペル

DSC01710塘田捷人さん(総合政策学科1年生)

(参加者の声)
・大人に交じって内閣府のプロジェクトに参加して、成長していろんなことをつかんだ話を聞いて感銘を受けた。私も夢を語って行こうと思いました。
・アメリカで日本のイメージが少し下がっているということを聞いて驚いた。そういう中で、直接出会うことがとても大切だと思った。
・すごく志の高い人だなと思いました。アメリカでの体験は私には想像がつかないもので、とても興味深かったです。わたしもこのまま留まっていてはいけないと感じたし、今までで一番刺激を受けたチャペルでした。
・同じ総政の中でこんなふうに頑張っている学生の話を聞けて良かった。挑戦のすることで自分の最大のパフォーマンスが見えてくるということが印象的だった。
・日本を深く理解することの大切さ、夢を語ることの大切さ、挑戦することに大切さ。この3つは自分にも共通すると思った。関学の中に閉じこもらず外の世界に踏み出してがんばりたい。
・自分の国を理解したうえでの国際交流や活動が大事だなと改めて思いました。プレゼンしている姿がとても自信に満ちていて、熱い気持ちが伝わってきました。
・同じ1年生だけど見ている世界がまったく違っていて、すごい刺激された。私も何か頑張れることを見つけたい。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/7/1 12:13