2014-7-9 チャペル

DSC01791松尾歩さん、妙木彩夏さん(総政3年)
トルコ交流セミナーの体験から

(参加者の声)
・写真を見ていて、トルコに関心を持ちました。楽しみと同時に真剣な議論もあって、このプログラムが参加した人たちの心にずっと残るものだと思った。
・トルコという国に対してそんなに親近感がなかったけど、このプレゼンを聞いて関心を持ちました。このセミナーは自分たちで企画運営できるので、思い入れが強くなると思いました。
・やはりこのような交流が異なる文化の人々の価値観を学ぶうえで大事だと思いました。自分ひとりで学ぶのは難しいと思いました。
・実際に、異国で生きている人々と会って過ごさなくては、その人の文化をきちんと理解することは難しいと思った。私も、いろいろな人と出会いたい。
・トルコ交流セミナーについては知っていたけども、一から自分たちで企画するとは知りませんでした。自分が想像していたよりも、多くのことを身につけることができる機会だと思い関心をもちました。
・異文化の中で過ごすことが、政策を学んでいく上でも大切だと思った。
・キャンパス内のトルコ屋台で、ケバブとトルコ風アイスを食べました。とても気さくな店員さんでトルコに関心を持っていたので、このプレゼンを聞いて、交流の楽しさがよく分かりました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/7/9 12:06

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール