2014-9-25 チャペル

DSC02121講話 高畑由起夫 学部長

(参加者の声)
・今日は久しぶりのチャペルだった。自分の所属する学部のルーツを知り、これからの勉強に対する意欲がより高まった。これからもどんどんチャペルに参加していきたい。
・関学125年の歴史を聞いて、さらに愛着がわきました。日本の近代化とリンクしているのは面白いなと思いました。
・あと3日で125周年ですが、明治のころからあるんだなと思うと関学の歴史の深さに感銘を受けました。
・関学はどこのキャンパスもはじめは荒野だった所に建設されたと聞いて興味深かった。
・三田キャンパスも来年で20年であり、その節目に在学で来て嬉しく思う。高畑先生のお話しで改めて関学独特の良さが伝わった。
・私が生まれた年にキャンパスが出来たと思うと、なんだかひかれるものがあってこのKSCに来たのかなと思いました。
・三田キャンパス浜田歴史が浅いことを知り、自分たちがまだまだ創っていける学部にこれて嬉しく思いました。
・関学の意外な歴史を知ることができてよかった。自分の所属する大学について、もっと知らなければならないと思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/9/25 11:50

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール