2015-5-7 チャペル

最新の総政チャペルスケジュールはこのリンクをご覧ください。http://kg-sps.jp/blogs/chapel/

5/7 講話 辻本久夫氏(本学非常勤講師、こくさいひろば芦屋代表)
5.7_R

(参加者の声)
・もし私が幼い頃に海外にいきなり住むことになったら、とてもつらいだろうなと思いました。そういう子どもたちを勉強面だけでなく心の面で支える活動に興味を持ちました。
・わたしも外国人だから日本に来ている外国人のこどもたちの支援に興味がある。わたしも日本語が上手になって手伝いたいなと思った。
・教育の課題があることを知りました。日本は教育に関してよくやっている国だとばかり思っていた印象が変わりました。
・身近にこんなに外国人のために尽力されている人がいることを初めて知った。ボランティアにぜひ参加したい。
・外国人のこどもが日本語で勉強するのは本当に大変だと思います。けれども「分かりたい」という気持ちを叶えてあげるためのサポートすることはとても良いと思った。
・わたしも何度か留学をしたが、言語が分からず困ったことが沢山あるので、その子どもたちの気持ちが分かるから、機会があったら参加したいと思った。
・日本で生まれて日本で育った私には、今日の話を聞かなければ気付かなかった問題だった。勉強はできるのに言葉の壁のおかげで思うように生活できないのは辛いだろうと思った。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2015/5/19 20:32

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール