2015-5-28 チャペル

最新の総政チャペルスケジュールはこのリンクをご覧ください。http://kg-sps.jp/blogs/chapel/

5/28 関西学院室内合奏団
音楽チャペル
DSC05068_R

(参加者の声)
・僕は高校時代ブラスバンドをやっていたので音楽を聞いてその時のことを思い出した。音楽というのは人に何かを感じさせ、思い出させるすごい力があるのを改めて感じました。
・忙しい日々が続いている中でこのように落ち着くことができる時間をありがとうございました。毎週のチャペルアワーが私にとってとても意味あるものになっています。
・”A Whole New World”でのフルートの音色がとてもキレイでした。演奏を聴くという、心の波をしずめる機会が与えられたことに感謝します。
・長い間、クラシックを聞いていませんでした。なぜかわかりませんが涙が出てきてすっきりしました。
・今日の聖書で印象的だったのは「目に見えないもの」という部分です。自分の内からしっかりと鍛えていかないといけないと思いました。学生生活において高校生までにはできなかったことをたくさん経験して、人として成長できるように頑張りたい。
・この頃バイトや勉強などで疲れがたまっており、だるさがずっとあったのですが、美しい音楽に耳を傾けることでリラックスできました。今日も明日も頑張れそうです。来てよかったです。
・合奏団の演奏でとても心がいやされた。特にバッハの「主よ、人の望みの喜びよ」はとても美しかった。どの曲も一回は聴いたことがあったけど、合奏団が演奏するとまた違った雰囲気になって素晴らしかった。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2015/5/28 13:01

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール