2015-6-4 チャペル

最新の総政チャペルスケジュールはこのリンクをご覧ください。http://kg-sps.jp/blogs/chapel/

6/4 講話 清水陽子先生(都市政策学科)
DSC05206_R

(参加者の声)
・これまでぼやっと「まちづくり」に興味を持っていましたが、清水先生のお話しで楽しそうだなと思って更に関心が深まりました。
・都市政策学科か総合政策学科かで迷っているので、すごく良い話を聞けた。久しぶりにチャペルに来たけど、やっぱり何かよい時間を過ごせた気がする。
・より豊かな良いまちで暮らすために、街を整えるために都市計画が必要だと学んだ。この分野にとても興味があるので今日の話は楽しかった。
・「都市計画」はあらゆることを総合した、総政らしい学問だと思った。
・都市政策についてはあまりよく知らなかったので興味深かったです。都市計画は私たちの生活と密接にかかわっていて、かつ重要であることがわかり、勉強になりました。
・都市と建築、人間が過ごす空間の創造はとても大きな意味のある分野、仕事ですね。都市計画的にアプローチすることで街や人の生活が向上する、その地域がよりよい生活空間になる。すごいですね!地図や街に興味がわいてきました。
・建築の話は何度か聞いたことがあったのですが、都市計画の話は今までほとんど聞いたことがなかったので貴重な経験になりました。
・都市は人生の器だとおっしゃていたように、あらゆる生活の舞台であることをもっとよく意識して見てみたいと思った。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2015/6/4 12:24

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール