2015-6-25 チャペル

最新の総政チャペルスケジュールはこのリンクをご覧ください。http://kg-sps.jp/blogs/chapel/

6/25 講話 NPO法人メインストリーム協会
      平田昌之さん、青木秀之さん、古川由由さん
DSC05490_R

(参加者の声)
・メインストリーム協会の存在を初めて知ることができた。経験した人にしか分からない痛みなどを分かち合える場だと聞いて、当事者さんの強い意志を感じることができました。
・ピアカウンセリングやピアサポートなどの意義や障害者の方々がどのように生活しているかを聞き、今自分ができることについて考えました。
・甲子園球場が、車いすの方がどの場所からも観戦できるようになったのを知りませんでした。もっとバリアフリーが地域に導入されて、誰でも住みやすい場所になってほしいです。
・今日お話ししてくださった方が楽しそうに生活しているのが伝わったし、何より障がいのある方と介助者の関係が大事なんだと感じた。
・同じ人として生まれてきて、自分で決める権利も意志も他の事も健常者と同じようにあるのに、障害があるというだけで制限されるのはおかしいと思う。
・本当の自立とは何なのか、考えさせられる回であった。障害をもつ方も社会の一員であり今の社会が本当にそういった方に優しい社会であるか、はっきりわからない。でもそう言える社会をつくっていかなければならない。
・この前メインストリーム協会に初めてお邪魔させてもらったのですが、障がい者の方もみんなが話しかけてくれて有意義な時間を過ごせました。スタッフになろうかなと考えています。
・住みにくい世の中で、障害者の方々が自ら、彼らの目線で誰もが安心して暮らせるように行動しておられる姿にぐっとくるものがありました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2015/6/25 15:02

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール