2016年1月

2016-1-7 チャペル

講話 Paul Hays先生(メディア情報学科)
DSC07270_R

(参加者の声)
・今年度で退職をむかえられる先生の話を聞いて、あらためて関学総政がすばらしい学校であり、いかに恵まれた環境であるかを実感できた。
・学生であるうちは、もっと積極的に学んで、先生の所にいって質問して、どんどん向上してゆきたいと思った。”Challenge professors!” という言葉が印象的だった。
・アツいメッセージで嬉しかったです。最近はユルユルで勉強に力が入っていなかったのですが、ここから、今から本気で、自分から進んで学びたいと思った。もっと先生の所に行って、たくさん学びたいです。
・ラスト木曜チャペル参加できてよかったです。気持ちよく1年を終えることができました。村瀬先生をはじめ先生がた、サークルの方々、スタッフの方、オルガニストの方、ありがとうございました。
・最後の歌の、You raise me up to more than I can be という歌詞がすごく心に残った。学生と教授がともに成長し合うということはすばらしい。
・”Just serving is easy”, said Mr. Hays. I need to MASTER for service as a KG student.Thank you for your speech,
・ECのプログラムは素晴らしいと言ってくださって、なんだかとても嬉しかった。自信を持って、これからも取り組んでゆこうと思った。日本の方以外から、英語でメッセージを聞くのは新鮮でした。
・私たちは誰しも世界を変えるかもしれない可能性を秘めている。そのような人間であるために、誰かに奉仕されるためでなく奉仕するために練達するMastery for Serviceの精神を胸に、今後も励んでゆきたい。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/1/7 11:47

2016-1-6 チャペル

最新の総政チャペルスケジュールはこちらをご覧ください。

講話 久保田哲夫先生(国際政策学科)
DSC07241_R

(参加者の声)
・水曜チャペルが今日で年度最後になりました。友だちと一緒にチャペルに参加するのが楽しみで水曜日はとても好きでした。素敵な機会を1年間ありがとうございました。
・久保田先生の基礎ゼミ生として、先生の最終チャペルに参加できてとても嬉しかったです。すばらしいお話をありがとうございました。
・久保田先生の授業は2コマとりました。56年間、関学にいたという話を聞いた時、先生は関学を去るにあたってどんなことを思ってるのかな、と思いました。その中でも、聖書の話をしてくださった久保田先生ですが、とても先生らしいなと感じました。
・誰かに何かをしてあげられることは幸せ、という先生の言葉を聞いて、忘れかけていた”Mastery for Service”の精神を思い出しました。この精神を忘れずに生きたいと思います。
・タラントンのたとえを分かりやすく話してくださった。マタイによる福音書で、受け取ったタラントンに違いがあるように、人によって神からもらったタラントンの量はちがうと私は思う。
・久保田先生のお話をこれまで何度か聞いていたので、ラストチャペルと聞いて少し寂しく感じました。先生は誰よりも長く関学にいるし、誰よりも関学を愛していらっしゃるのだと思いました。
・今日のチャペルは久保田先生の最終講話でした。クリスチャンとしての先生、金融を専門とする学者としての先生の話を最後に聴くことができてよかったです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/1/6 12:35