2016年2月

2016-1-12 チャペル(2015年度最終回)

講話 村瀬義史(宗教主事)
0-02_R

(参加者の声)
・今年度ラストチャペルでした。関学に入学して、最初は正直「なんやこの時間」と思っていましたが、秋学期になる頃にはチャペルが結構好きになり週2回行くようになっていました。色々な話をチャペルで聞けてよかったです。
・最初チャペルの意義をあまり理解しないまま参加していましたが、心をしずめたり、お祈りの中で世界中でいま苦しんでいる人たちのことを考えたり、学生団体の活動報告に刺激を受けたりできました。
・毎回いろんな先生方、先輩方が来てくださって、それぞれの生き方や活動への思いなどを聞いて、自分の考え方を広げることができた。チャペルでみんなの前で発表したのも、いい経験になりました。
・チャペルでないと出会えない先生方、活動されている方々の話を聞けて、自分の将来のことについて考えられるようになりました。素敵な時間があってよかったです。
・1年間、チャペルではキリスト教学では学べない部分を少しずつ学べたような気がします。特に聖書を少しずつ読むことができたのが身になったと思っています。
・チャペルに出ていて、正直、話を聞いていて退屈だと思ったことも時々ありましたが、今振り返ってみるといろんな人の人生や経験を聞く機会はチャペル以外にはないと思い、貴重な時間だったと思います。
・他大学に行っていたらおそらく体験できなかったであろうことを思うと、チャペルの時間はとても面白く貴重な体験だったと感じる。様々な準備や計画をしてくださり、ありがとうございました。

0-03_R

 

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/2/2 14:23