2016年4月

2016-4-28 チャペル

音楽チャペル オルガン演奏
 能島亜未氏(日本キリスト教団神戸栄光教会オルガニスト)
DSC07605_R

(参加者の声)
・とても迫力があって、とても心に響く音色でした。KSCにパイプオルガンがあると知らなかったので見てみたいです。素敵な音色を聞けて、よい一日の始まりです。
・オルガンには様々な音があって、それぞれの音によって世界観が変わっていくので、すごい楽器なんだと思いました。
・いつもチャペルで音だけ聞いていたんですけど、今日は初めて弾いている姿をみて、足でも踏みながら指も動かすのは本当にたいへんだなと見てて思いました。家に帰ってピアノが弾きたくなりました。
・オルガンは昔は人が風を送って鳴らしていたことを知ってビックリしました。オルガンのすてきな演奏をこんなに聞けるなんて本当にぜいたくだと思いました。ありがとうございました。
・ピアノとオルガンは一緒だと思い込んでいた。オルガンの音色やパイプが鳴る仕組みなどを知ってから演奏を聞いたのでとても魅力を感じた。とくに「フーガト短調」に感動しました。
・クラシックを聴くことが好きなので、今日のチャペルはとても興味深いものでした。一つの楽器なのに曲ごとに違う楽器のようで、聞いていて本当に楽しめました。
・美しい音色が聞けて充実した時間でした。「トランペットヴォランタリー」が気に入りました。
・入学の日から1か月が経とうとしています。楽しいことや大変なこともあり刺激的な1か月でした。今日のオルガン演奏はそんな忙しい心を癒してくれました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/4/28 13:16

2016-4-26 チャペル

関西学院グリークラブ 音楽チャペル
DSC07585_R

(参加者の声)
・グリークラブの演奏にとても心が温かくなりました。ハーモニーがすごく心地よく、聞き入ってしまいました。
・今まであまり聞いたことのないジャンルの曲を生演奏で聞けたのはとても新鮮で、刺激的な経験だった。
・今日はグリークラブの演奏を聞きました。もともと高校で吹奏楽をしていましたのでとてもきょうみを持ちました。和音がとてもキレイに響いていてすごかった。
・歌がとてもすてきで、毎日忙しくてとてもバタバタしていましたが、癒されました。お祈りをすると心が少し落ち着きます。
・素晴らしい歌声で、学校であることを忘れてしまいました。上ヶ原からはるばる来ていただき、歌声を聴くことができて本当に嬉しかったです。ありがとうございました。
・グリークラブのパフォーマンスを見て、人の声だけでこんなにすばらしい音を奏でることができるのかと、とても感動した。
・とても近くでGleeの演奏を聞けてよかったです。元気の出る曲が多くて、励まされました。
・「見えるものではなく見えないものに目を注ぎます」という聖書の言葉が心に残りました。存続していく大切なものが何か考え、大切にしていきたいです。

DSC07576_R

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/4/26 13:56

2016-4-21 チャペル

講話 Jeffery Mensendiek先生(宗教センター宗教主事)
DSC07554_R

(参加者の声)
・今日のチャペルで聖書の内容をよく考えることができたし、聖書の面白さを知った。またチャペルアワーに出席する意味も分かった。
・私も自分が意識していないところで排他的になってしまっている時があるかもしれません。皆が人を外面で判断するのではなく内面を見て人に接することができる世の中になってほしいと思いました。
・人を排除するのあ弱い社会であり、多様性を認め合い互いを尊重する社会が本当に強い社会である、という点が印象的でした。
・関学が大事にしているチャペルの時間の意義を聖書を交えて話していただいた。関西学院は多様性にあふれている。いろんな生き方、考え方を共有することで、開かれた世界をつくることができる。
・多様な学びをすることが、人の多様性を受け入れることにつながるという話がとても印象的でした。チャペルを通じ、多様な考え方にふれることができるのはよいことだと改めて思いました。
・中高6年間礼拝を受け続けてきたが、今日あらためてチャペルに集まる意味を考えさせられた。
・人の排他性は怖いと思い、様々な人を受け入れることのできる人間になりたいと思いました。
・昔と今での考え方の違いが分かって興味深かった。関学のInclusive Communityの説明や排除しようとする社会は弱い、ということを聞いて、今の日本もそうではないかと考えた。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/4/25 14:16

2016-4-20 チャペル

総合政策学部 創立記念チャペル
小島賞(優秀論文賞)、SPS-Award(GPA上位者とBest Contribution)の授賞式
DSC07525_R

(参加者の声)
・1995年に関学総政が設立された目的を聞けて、あらためて自分の目指すものが定まった。
・総合政策学部にこれらの賞があることを初めて知った。私も取れるように今後がんばりたい。
・SPS-Awardの受賞式のため久しぶりにチャペルに出席した。この空間がやはり好きだ。2年になって来ることが減るが、また参加したい。
・小島賞を受賞することができ光栄です。このような場を作ってくださりありがとうございます。
・先輩方の研究を見習って、素晴らしい研究をしたいと思いました。
・私も優秀な成績をおさめられるように、勉学に努めたい。また熊本で被災された方々をおぼえ、日々の食事などに感謝しながら目的を持って生きていきたい。
・熊本の震災で被災された方々が1日でも早く安心して生活できるようになってほしいです。
・表彰された先輩たちや論文の題目を見て、こんな姿になれるのかという不安を持つとともに、少しでも近づきたいという思いになりました。
・学生生活の中で自分が得たものを最大限生かして活動されている先輩方がたくさんおられることを知り、刺激を受けました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/4/25 14:02

2016-4-7 ~14  2016年度 新入生チャペルオリエンテーション

2016年度、総合政策学部チャペルがはじまりました。
新入生チャペルオリエンテーションが行われています。

DSC07470_R

DSC07432_R

DSC07426_R

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/4/13 13:12