2016-6-23 チャペル

音楽チャペル
関西学院室内合奏団 バロックアンサンブル
DSC08249_R

(参加者の声)
・今日はバロックアンサンブルの音楽チャペルだった。バイオリンやオーボエの四重奏がきれいで癒されました。4曲それぞれの良さがあり、マスタリーフォアサービスを体現しているのが伝わってきました。
・とても優しく心地よいアンサンブルの音色にいやされました。バイオリンやチェロを見るといつも思うのですがたった4本の弦でどうしてあんなにもたくさんの音色を出せるのかと思います。
・全体的に華やかな音色なのに、曲によって雰囲気とかそれがもつ感情のようなものが全然違っていて楽しめました。3曲目はせつなくて好きでした。
・美しい音楽を聞きながら、1限のキリスト教学で学んだ建築や音楽などの歴史を振り返り、こういう美しい音楽や物をつくりだすことは本当に多くの人を幸せにしていると思う。
・このように生で音楽を聴く機会はそんなにないので、音楽チャペルにとてもいやされます。嫌なことがあっても新しい気持ちになれる気がします。素敵な時間でした。
・自分はまったく楽器ができないのでたった四人でこんなに美しい音楽を奏でられることに感動した。疲れた頭がいやされた。
・とてもきれいな演奏でした。ありがとうございました。曲の場面の紹介などもあり分かりやすかったです。個人的には1曲目の軽やかな雰囲気が好きでした。
・バロックアンサンブルという言葉だけではどんな音楽か分からなかったけど、聞いてみると個々の音もはっきり伝わってくるのに全体的にはそれが調和していてすごく綺麗でした。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/6/23 12:28

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール