2016-7-14 チャペル(今学期最終回)

講話 村瀬義史(宗教主事)
DSC08525_R

(参加者の声)
・入学し初めてのチャペル参加からすでに3か月経った。チャペルの参加で、いろんな先輩が日本や世界で活躍している姿を見て多くの影響を受けた。自分も後輩たちによい影響を与えられるような人間になりたいと考えている。
・チャペルの最後にいつも村瀬先生が「きょうも一日元気にいきましょう」と言ってくださるのが嬉しかったです。秋学期もチャペルに参加して毎日新たな気持ちで過ごしたいです。
・今学期のチャペルには全部来れましたが、視野を確実に拡げることができ本当に充実した日々を送ることができました。濃厚な時間を与えてくださり本当にありがとうございました。
・チャペルでは本当に素敵な出会いがたくさんありました。忙しい日々の中でチャペルは自分自身を見つめ直す時間であり、やる気を後押ししてくれる場でもありました。
・今までのチャペル参加を通して本当にたくさんの刺激を受け、新しい出会いがありました。先生がおっしゃっていた「心にチャペルを持つ」という言葉に共感しました。いつも落ち着きを持ちたいです。
・チャペルに来るとECで知り合った友だちや基礎ゼミの友だちと出会えたりして、お祈りだけでなく、コミュニティーを広げる場にもなっていました。
・最初はチャペル~しんどいな~と思っていましたが、何度か行くうちにオルガンの音色や厳かな雰囲気にだんだんいやされていくようになりました。
・チャペルはわたしにとって心を新しくしてくれる大切な時間でした。いろんな人の話、様々な団体の活動を見た時に、毎回新しい発見をする感覚がとても心地よかったです。秋はもっと通えたらと思います。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2016/7/14 12:51

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール