2017年4月

2017.4.27 チャペル

学生スピーチ Bridge for Children, KGU
時武佳奈さん(総3), 櫻井瞳さん(総3), 石丸加菜さん(総2), 太田佳乃さん(総2)
DSC01173_R

(参加者の声)
・自分自身の現状に満足せず、新しいことに挑戦していこうと思いました。そしてどんな出会いにも意味があると思うので、一つ一つ大切にしてゆきたいです。
・「一歩踏み出してみよう」という言葉は、大学生になって何もせずに1か月が過ぎようとしている私にとって響く言葉でした。何か始めてみようと思います。
・国際理解教育を私も大切だと思っていて、現実を認識できる教育を高校からではなく小学校などの小さい頃から知るということは素晴らしいことだと思いました。
・今、何をするかすごく迷っているのですが、何をするにしてもいろんな人に出会って、自分の考えを形作ることができるのが大学なんだと思いました。
・「貧しい=不幸せ」じゃない、という言葉が印象に残りました。私は今まで自分のイメージだけで物事を考えていたのだと感じました。自分の目で見て、考えられるようにならないといけないと思いました。
・4人の方が話してくださいましたが、すべてが心に響いて私と重なるところもあって、今日、本当にチャペルでお話が聞けてよかったです。
・それぞれ、いろんな経験をしていて学生生活が充実していた。彼女たちの好奇心旺盛なところを見習って、夏に僕も海外プログラムに参加する!という覚悟ができました。
・留学、ボランティア活動など自分のしたいことを一所懸命、経験している先輩方のお話を聞いてとても感動しました。子どもたちのために何かしたいと私も思っているので、BFCに入りたいです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/4/27 15:30

2017.4.25 チャペル

学生スピーチ Eco-habitat関西学院
田畑亮馬さん、坂口歩さん、安石萌美さん(総2)
DSC01103_R

(参加者の声)
・Eco-habitatの皆さんの熱い思いが伝わりました。私もこのような活動を通して経験をつみ、様々な考えを持てるようになりたいと思いました。
・私にとって家は本当に当たり前だし、寝に帰るだけのような感覚でした、でも今回話を聞いてせかには「家」を本当に必要としている人がいると知り、私も力になれることがあればいいなと思いました。
・家を建てるだけでなく、現地の子どもたちと関わることができるのは素晴らしいと思いました。海外へ行き、家を建てることを学生の間に経験できるとは思いませんでした。すごく興味がわきました。
・家の建設は特殊な技術を持った業者にしかできないと思っていましたが、大勢の人が協力して立派な家を建てていてすごいなと思いました。
・1人1人の意識がしっかりしている人が多くて、有意義な活動ができたんだろうなと思う。私にとって家がないことは「安心」がないことだと思うし、人々のよりどころを作るボランティアはとてもステキなことだと思いました。
・オリエンテーション以来はじめてチャペルに来ました。オルガンの音を聞きながら心を落ち着ける時間が持てるのはありがたいと思った。
・家を建てるのと同時に文化交流などをしている点も含め、私にも何かできることはないかと考えさせられました。こんなに学生が主体的になって活動ができるという環境はとても素晴らしいのでぜひ参加したいです。
・プレゼンを聞いて、「家」というものの重要性を再確認できました。災害や貧困で家がない人々がいることを頭において私も日々を送ろうと思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/4/25 14:24

2017.4.20 チャペル

学生スピーチ 和田紗季さん(総3)
インドネシア交流セミナー参加体験を中心に
DSC01074_R

(参加者の声)
・和田さんのお話を聞いて私自身いろんなプログラムに挑戦したい!と、動いてみては、「本当にしたいことは何だろう」と悩んでいたんですが、その答えを聞けた気がします。自分のルーツを改めて見直そうと思いました。
・インドネシア交流セミナーに参加された話を聞いて、様々なものに興味を持って積極的に参加していきたいと思った。
・私はアジアの地域に興味があるのでとても勉強になりました。特にルーツを知るということが印象に残りました。自分がどうしてそう思うのか、ということを知ることで、より深く問題に近づけるのではないかと思います。
・「自分のルーツを知ること」が重要であるということを今まで考えたことがなかったので、新しいアイデアを得ることができてよかったです。和田さんのように自分の興味ある活動にどんどん関わろうと思います。
・自分の今の悩みにどんぴしゃのテーマだったので、とてもよかったです。「どうして今これがしたいんだろう」ということを深く考えることができました。
・同じ学部の方のお話しということもあって、とても興味を持てたし、身近なことで実感がわいたり(「総政の人はどのプログラムにも1人はいる」など)、学生目線で話していただけたので聞けてよかったです。
・海外や国際的なことに自分がなぜ興味があるのか、あまり考えたことがありませんでした。インドネシア交流セミナーすごく興味がでました。
・「他者を自分のように愛しなさい」という聖句に中高の頃から親しんでいました。この言葉を大学でも生活に生かしたいです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/4/20 13:27

2017.4.19 学部創設記念チャペル

総合政策学部 創設記念チャペル 23年目に入る
小島賞(優秀論文賞)、SPS Award(GPAトップ10/BEST Contribution)授賞式
DSC01006_R

(参加者の声)
・学部創立の理念を再確認できた。問題解決に貢献できるよう4年間しっかりと取り組みたいと思う。受賞者の内容も励みになった。
・それぞれの賞を受賞される方を前にして、このチャペルに参加してよかったと思う。自分自身も日々の努力を積み重ねていきたい。
・みなさん自分の得意分野や興味あることなどを自分なりに極めていらっしゃって、すごいと思いました。わたしも今日の先輩方のようになれるように頑張ろうと思いました。
・新生活がはじまってしばらく経ち、少し慣れてきたとともに疲れがたまってきた。しかし今日のチャペルに参加してあらためてやる気が出てきた。
・先輩たちが様々に研究されているんだなと思いました。あらためて自分の研究したいことが、学部の理念に通じるものだと感じました。
・受賞者の人たちの論文タイトルや受賞理由を見るとすごく難しそうで、これを書いたのかと思うと本当にすごいなと思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/4/19 14:20

2017.4.11 2017年度のチャペルが始まりました

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。
新年度のチャペルがはじまり、新入生の皆さんへのオリエンテーションが行われています。
チャペルの様子やスケジュールは、チャペルブログでご覧ください。

DSC00881_R

DSC00937_R

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/4/13 13:28