2017.5.2 チャペル

学生スピーチ 関西学院大学YMCA 神戸三田キャンパス
澤田和奈さん(総3), 大澤和澄さん(総2)
DSC01234_R

(参加者の声)
・自分の身の回りの問題にきちんと気づけるかどうかが、総政の学びにおいて大切なんだと感じた。
・インドでは大変なことや辛いこともあったけど、全体として行ってよかったと思えるという充実した経験を、私もしたいと思いました。また様々な人と関わることの大切さも学びました。
・お話を聞いて、私たちは海外にだけ目を向けがちですが、日本にもしっかり目を向けて気づくことが大事だと思いました。考え方を変えられました。
・今日はチャペルでお祈りを聞いて少し楽になった気がしたので良かったです。毎回チャペルに来るといろんな活動を知ることができ勉強になります。今日も1日頑張ります。
・ヘイトスピーチなどの問題を自分の問題としてとらえてくれる団体があって嬉しかったし、自分が特に解決のために行動しないといけないと改めて気づかされた。
・私も海外の貧困層に関心があったけど、確かに日本から考えていくべきだと思いました。YMCAの方々は自分にできることを探して1つ1つ行動していて尊敬しました。
・大学生になって、社会問題を一番身近に感じることができたお話でした。発展途上国はもちろん、自分の国、出身地、今住んでいる地域はどうなのか、まず足元のことを知ることも大切だと思いました。
・ホームレスの人たちのことを私も自己責任だと思ってしまっていました。社会構造から起こる問題はもっともっとたくさんあるのではないかと気づきました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/5/2 12:20

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール