2017.5.25 チャペル

講話 中谷良規さん(神戸三田キャンパス事務室)
DSC01624_R

(参加者の声)
・いつも何気なく使っているアカデミックコモンズやバスロータリーが実はいろいろな人の努力で建てられていたんだと思うと、急に愛着がわいた。これからも大事に使いたいし、事務室の皆さんにありがとうと言いたいです。
・今やらなあかんこととかやりたくない”苦労”も、ちゃんとやろうと思えた。人のために何か一生懸命できるのってあらためてステキだと思った。
・今私たちが当たり前のように使っているアカデミックコモンズに、こんな思いや歴史がこめられていたと初めて知りました。入学する前に見に来たときは驚きました。みんなが集まれる日本一のラーニングコモンズです。
・アカデミック・コモンズにそんなドラマがあるのは知りませんでした。自分のキャンパスにあるアカデミック・コモンズは今までの職員の方の試行錯誤と苦労がたくさんあったことを知ることができました。そんな施設を利用できるのはとても嬉しいです。
・考えてみると、もしコモンズがなかったら、みんなで真剣に話し合ったり、考えを共有できたり、勉強できたりすることができないと思うと、本当に良いものを作ってくださったなと思います。
・今回のチャペルでとても大切なことを学んだと思います。それは人の為に何かをすることです。自分の為でなく他人のことを考えないんか役に立つことを考えることは素晴らしいと思いました。無謀なことでも最後まで努力したいと思いました。
・いつも勉強やおしゃべりをしているアカデミックコモンズの秘話を聞けておもしろかった。より一層神戸三田キャンパスが好きになったしもっともっと活用したいと感じた。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/5/25 12:00

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール