2017.12.6 チャペル

講話 大用庫智先生(メディア情報学科)
DSC04140_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・AIと聞いたら、人の仕事がなくなり、いつか人間がAIに支配されるというイメージでした。しかし、今日のお話の中でAIのおかげで犯罪が減るなど、便利なものだと分かりました。
・どんどん身近になってきているAIに対応するために、私たちが何をすべきかを考えるきっかけになりました。先生が7人きょうだいってことも驚きました。
・基礎ゼミの先生の話はもっと早く聞きたかったです。わたしは大用ゼミなのですが、先生の家族構成がおもしろかったです。
・いずれはAIが人間に代わって仕事をするだろうが、クリエイティビティや感情は人間しかもっていないものだから、その部分を養いたいと思った。
・高校の頃、母からよく「手に職をつけたほうがいい」って言われていましたが、これからの時代、発想の転換が重要になってくることが分かりました。
・今までAIの負の面だけ強調され、AIに悪いイメージを持っていたけれど、今日お話を聞いてやはり良い面が多いんだなと実感しました。
・身近な話題でとてもわかりやすかったです。近い将来起こりうる出来事ばかりで、もともと興味のない分野だったのですがとても興味がわきました。
・人工知能については私も興味を抱いていたのでお話を聞けてよかったです。今後人間が真剣に向き合っていくべき事柄なので、ひとごとにしてはいられないなと思いました。
・総政での学びがジェネラリストになるのに適していると思いました。4年間がんばります。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/6 20:54

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール