2017.12.19 チャペル

講話 山根 周先生(都市政策学科教員、副学部長)
DSC04429_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・居留地の歴史が150年もさかのぼることを考えてみると、未だにきれいな街並みを保って「インスタ映え」にもうってつけの場所になっているのはすごい事なんだと思いました。
・ランバス先生が関学を設立した頃の神戸の様子を知ることができてよかったです。神戸市や関学の歴史が重なることを改めて学ぶことができました。当時の建築が今も残っていることはステキだと思いました。
・今日のチャペルは設計製図演習でお世話になっている山根先生でした。私が住んでいる町神戸の話でとても興味があったし、自分の街のことが知れて、来てよかったと思いました。
・神戸と関学のつながりを深く知ることができました。原田の森キャンパスの跡地付近に通っていたこともあったので嬉しかった。
・居留地と関学の関係はおもしろいですね。よく三宮に行くので、47番地を見に行きたいと思いました。
・毎日何気なく歩いている地域にも目に見えない繋がりがあるのかもしれない。そのようなことも調べてみたいと思いました。
・建築の面からキャンパスを見るのは興味深かったです。
・チャペルで講演される人は普段あまり会ったり話したりする機会がない方々なので、もう残りわずかだと思うと少し寂しいです。チャペルで聞いた話で将来の道を変えた友達もいるほど、チャペルは影響力が大きなものでした。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2017/12/21 13:17

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール