2018年7月

2018.7.10 チャペル

藤井琴己さん、梅田佳奈さん(総政2年生) 学生スピーチ
SCM現場研修に参加して
chapl_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・先輩方から体験談を聞くことはチャペルアワーしか機会がないので、とても良いものでした。私も先輩がたのように動いてたくさんの経験を積みたいです。
・身近にある差別や貧困の問題にきちんと向き合わないといけないと改めて気付くことができました。
・私は地元が福島県で、今年から関西に引っ越してきたため、今日お話しされたような、野宿者のことや在日コリアンに関わる日本の課題について知りませんでした。今回のチャペルが考えるきっかけになりました。
・普段はあまり考えない日韓の問題を考える時間になりました。わたしは韓国に住んでいたことがあり差別を目の当たりにする機会が経ったのでとても身近に感じられる問題でした。
・今まで身近に感じてこなかったけど身近にある問題について先輩たちが関わっておられる。賛否が分かれる問題について意見を聞かれても私はきちんとした意見を持っていない。自分たちの社会のことをもっと学びたいと思った。
・差別を受けている人たちの考え方とともに差別している側の論理を知る必要があると学びました。日本にもスラムと呼ばれるような場所があることを初めて知りました。すごいフィールドワークだと思った。
・朝鮮学校無償化をめぐる議論はとても興味深く、また複雑だと感じた。日本が、誰もが悪意に囲まれずに暮らせる故郷になっていくにはどうしたらいいか考えるべきだと思った。
・喜ぶ人と共に喜び、泣く人と共に泣きなさい、という聖書の言葉は私も好きです。今日のスピーチはこの言葉に関係があったと思います。
DSC01327_R
チャペルの予定はこちらをご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/7/10 13:47

2018.7.5 チャペル

講話 Hari Srinivas先生(総合政策学科)
DSC01289_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・環境問題と宗教を結び付けて考えるということが私にはとても新鮮でした。新しい視点が増えた気がします。
・いつも何気なく食べているハンバーガー1つに、5000リットルの水が使われていることを聞き驚きました。普段の生活で使っているものの環境への負荷を考えた事がなかったので、今回の話が聞けてよかったです。
・ただ日本の中で暮らしているだけでも、世界の資源を多く使っているという自覚が必要だなと強く感じました。水はタダだと思いがちですが、そうでもない国もあるので考えていきたい。
・一人の生活のしかたが、大きな影響を周りに与えているのだと知って、環境問題が自分たちの足元の問題だと気づいた。
・環境のことを考える機会になりました。自分が一人がアクションを起こしても・・・という気持ちがありましたが、その小さな取り組みこそが大事だと思います。やさしい英語で話してくださったので分かりやすかったです。
・私たちの周りには便利で良いものがたくさんあるけど、それは本当に「良い」のか。便利な生活の裏には問題もあることを認識したいです。
・私は今朝、たくさんのゴミを出してきたけど、そのゴミは環境に大きな影響を与えていると改めて気付きました。買う時に無駄なものを買っていることが多いのでそういうライフスタイルを考えないといけないと思いました。
・環境と聞くとスケールが大きく感じましたが結局は個人ひとりひとりが関係していて、知らんふりはできないなあと感じました。

チャペルの予定はこちらをご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/7/5 13:51

2018.7.4 チャペル

講話 関根孝道先生(総合政策学科)
DSC01254_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・日本のサッカーのこと、自分はそこまで考えていないかった話題についてチャペルで考えることができた。ニュースの1つ1つに、自分の意見を持ったり考えたりする習慣をつけなきゃと思いました。
・法学の観点から、意見を聞けて面白かった。いろいろな専門の教授の方々のお話をもっと聞きたいと思った。
・日本人のマナーの話が出てきましたが、今回のように良いこともありますが、悪いことで、日本人というくくり注目されることもあると思います。日本人として恥ずかしくない行動をとりたいです。
・いつも受けている法学の講義とちがって、また違う面というか、法学をこんなところでも応用できるのだなと感心した。
・自分自身、サッカーが好きでポーランド戦を見ていたので今日のお話は面白かった。決勝トーナメントに進むには仕方ない判断だったと思います。
・「目的が手段を正当化する」という言葉がとても印象に残りました。自分も知らずにやっているかもしれないと思いました。
・緊張しているようには見えませんでしたが、先生でも緊張することがあるんだと少し安心しました。とても楽しいお話しでした。
・最近あった出来事を挙げてお話してくださって、違う視点から考えることができて良かったです。

チャペルの予定はこちらをご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/7/4 12:38

2018.7.3 チャペル

講話 亀田啓悟先生(総合政策学科)
DSC01242_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・今日は亀田先生の大学時代のエピソードを踏まえて、今まで私が考えた事もないような考え方について聞きました。他人の物事のとらえ方を知るのはおもしろいなと思いました。
・大学生活に慣れ、日頃少し疑問に思っていたことを実は先生もかつて考えたことがあったということで、お話がとても参考になりました。
・学生の立場に立って物を見て下さっていることを感じました。今日教えていただいたことをもとに、気持ちを切り替えてテスト勉強頑張ろうと思いました。
・型破りな先生でとてもお話が面白かったです。大学の勉強に対して気合を入れ直します!
・大学や授業との関わり方について、自分のやる気次第だということに納得しました。なんでも適当にやるのではなく、何か一つ自分の好きなことを突き詰めたいです。
・自分には全くない考え方を知ることができました。大学生が聞くべき話だと思いました。一回生で聞けてよかったです。きっと一生忘れられないと思います。大学生活をどういう風に送るのがいいか、分かった気がします。
・最近私自身が感じていたことを亀田先生が話してくださりスッキリしました。もっと意欲的に興味のあることに打ち込もうと思いました。
・亀田先生のお話が、自分が考えている観点とはかなり違っていて、すごく勉強になりました。いろんな認識や考え方があって、常に批判的な視点でとらえることが大事だと思った。

チャペルの予定はこちらをご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/7/3 14:03