2018年12月

2018.12.20 チャペル

総合政策学部クリスマスチャペル
Crescent Party (アカペラサークル)
DSC03434_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・とても心温まる時間でした。アカペラの方々がとても上手でした。キャンディーを交換するのっていいなと思いました。ハッピーな気分でした。
・アカペラの中に友達がいたのでいっそう楽しく聞けました。クリスマスプレゼントのあめちゃん、ありがとうございました。メリークリスマス!
・私もハモったり、ボイパしたりしたいなと思いました。きれいで楽しい演奏でした。
・とても一生懸命歌ってくださっているのが伝わってきました。V6の「愛なんだ」を聞けるとは思っていなかったので嬉しかったです。
・黄金糖を受験前に先生にもらったのを思い出して、1年あっという間だったと感じました。昔見ていたアカペラの番組を思い出しました。
・歌上手でした。今年はクリスマス礼拝に参加できたり、クリスマスソングをたくさん聞けたりと、クリスマスを満喫しました。ありがとうございました。
・黄金糖にまつわる素敵なエピソードを聴き、喜びを周りとシェアしたことでクリスマス感を味わうことができました。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/20 11:38

2018.12.19 チャペル

講話
林 由貴子さん(総政卒業生、ダルムシュタット工科大学非常勤講師、ドイツ在住)
上山敦代さん(総政卒業生、社会起業家、ドイツ在住)
1545196539600_R

1545196561053_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・自分の好きなことを貫いている、すごい人たちだと思った。総政の卒業生ということで自分にもこんな将来があるんだとVisionが広がった。
・総政の卒業生の方たちが世界で輝いていて、いい学部に入ったなと感じました。私も世界で活躍できるようになりたいです。
・大学生活はずっと自分の支えになるものだと聞きました。だから自分を見つめ返す時間が必要だなと思いました。
・毎日の生活に一生懸命になりすぎるのではなく、大きな視点で考えられるようにしたいと思いました。
・「目標はどんどん変わっていい。社会情勢は変わるものだから」将来について悩む日々が続いている中で支えとなる言葉をいただきました。
・やはり自分のやりたいことが明確な人は強いな、と思いました。私も小さな目標からしっかり定め、自己実現したいと思いました。
・今自分自身が疑問に思っていることが、10年後に自分の軸になっているかもしれないと聞いて、今感じていることをじっくり考えようと思いました。
・総政に入った理由が同じでとても親近感がわきました。自分は自分だから、今の選択は間違ってなかったと思える大学生活を送りたい。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/20 11:23

2018.12.18 チャペル

濱松晃大さん(総政2年)、池田沙都美さん(総政3年)、林利憲さん(総政・院2)
総合支援センターキャンパス自立支援室 学生サポートのおはなし
DSC03387_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・はままつさんのお話を聞いて、当たり前に情報を受け取ることができる私たちが何かすべきだと思った。支援は身近にあること、そしてその大切さを改めて感じた。
・このチャペルに出ていなかったらこの活動を知ることはなかったかもしれない。サポートがどれほど必要で、なくてはならない存在なのかを学びました。
・みんなが普通に授業を受けることができるということの大切さを身にしみて感じました。とても素敵なサポートだと思いました。
・間近でPCテイクを見て、すごい技術だと思いました。
・実際にサポートを受けている学生の方のお話しを聞いて、学生が学生をサポートする活動は大事だと思いました。
・学生サポートスタッフさんたちの活動の幅広さに驚きました。そしてとても大切な存在なんだと思いました。人のために自分の強みを生かすことができる素敵な活動だと思いました。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/18 15:03

2018.12.13 チャペル

講話 本田 盛 先生(総合政策学科)
DSC03362_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・先生の過去の体験談を聞いて、オランダと日本の違いが分かりました。誰かから聞く評判ではなく、体験して分かることの大切さを考えました。
・自分の知らない世界の話で、面白かったです。感覚が随分違う土地で生きるのは大変だけど発見が多く楽しいだろうなと思いました。
・オランダに2回行ったことがあります。ハイツングの話も少しでて懐かしかったです。国の責任を問う発想などもさすがEU国だなあと思いました。
・こういった話を聞くことで日本にはない文化や考え方を得ることができます。ニュースを見るのも大切ですが実体験を聞くことは重要だとあらためて思いました。
・考え方を変えるというのは難しいなと思いました。でも理解し合わないといけないですね。
・私もアメリカに留学していた時に文化や視点の違いを感じたので、それを懐かしく思いました。
・署名の話で、国民が国に対して直接声を上げることが普通になっているのが、日本とは違うなあと思いました。日本がなぜこのような社会なのかということも興味を持ちました。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/13 18:21

2018.12.12 チャペル

フラサークル Mahalo
2018.12.12 mahalo (13)_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・今日のMahaloのチャペルとても楽しみにしていました。春学期のチャペルで大ファンになりました。ハワイ語のクリスマスの曲が聞けて、楽しい気持ちになりました。
・ハワイ語には文字が無くフラで気持ちを伝えるということは知りませんでした。文化の勉強にもなりました。
・マハロの皆さんのダンスを見ているととても暖かい気持ちになることができました。また知っている先輩がでていたのでとても楽しいチャペルの時間でした。
・マハロかわいすぎた、寒いのに衣装に妥協がないのがえらいと思った!
・フラのこと以外にもハワイのことなど知識を得ることができて良かった。おどっているイキイキとしている姿が印象的でした。
・歌も踊りもリズムが良いから聞いていて、見てて楽しかったです。最初に踊りの意味など説明してくださったので意味を感じながら見ることが出来てよかった。
・いつもラウンジで練習しているのを見かけますが本当にきれいです。そこだけお花が咲いています。1つ1つの動きに意味があるのはおもしろいです。外が寒い冬であることを忘れてしまうステージでした。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/12 13:44

2018.12.11 チャペル

KG Blessed Choir 音楽チャペル
DSC03301_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・三田は朝からとても寒くて体が冷えていました。しかしKG Blessed Choirの素晴らしい歌が聞けて心からあったまってきました。外は寒いけど今日も頑張ろうと思えました。
・歌っていく中で笑顔がどんどん届いてきたので、歌の力はすごいなと思いました。
・身近な友達の活動を見ることができてよかったです。ノリノリで楽しい時間でした。Happy Day!
・ゴスペルは知っていたけど、背景にアフリカから奴隷で来た人たちの文化があると知りませんでした。とても良い声でした。
・今日は歌のチャペルで、季節を感じさせるとても楽しいチャペルでした。いろんなハーモニーが出てくる曲がとてもステキでした。
・ゴスペルを生ではじめて聞いてとても明るくてノリノリで楽しかったです。また機会があれば違う曲も聞きたいです。
・楽しそうに歌っていてとても感動しました。神の言葉を伝えるのには様々な型があるんだなと思いました。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/11 11:43

2018.12.6 チャペル

講話 家山華子さん(日本キリスト教団三木教会牧師)
DSC03276_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・今日は対話や人との関り方について考えることができました。わたしもあまり対話が得意でないですが、確かにそれは自分との違いが怖いからだということに共感しました。キリンとペンギンの話を通して対話によって相手のことを知っていく重要性とすばらしさを学ぶことができました。
・理解している「つもり」の恐ろしさを考えさせられた。大切な人とほど、よく話し合わなければならないなと思った。
・利己心と虚栄心が人とのコミュニケーションを阻害する場合の話が一番深く考えさせられる内容でした。
・私も人とのコミュニケーションが苦手です。私は相手を信じ切るのが怖いです。相手に関心を持つということは簡単そうで難しいことだと思いました。
・「対話」がテーマのお話だったので、対話が苦手な私にとり共感するところが多くありました。大学生になってより対話の重要性を感じているので、苦手だからと逃げるのではなく積極的に向き合うことが大事だと思う。
・ペンギンとキリンの話は心が温まりました。相手のことをよく考え認め合えることは大切だと思いました。聖書には多くのヒントがあると思うので時々ふりかえって参考にしたいなと思いました。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/6 14:16

2018.12.4 チャペル

講話 ルース グルーベル先生(社会学部宣教師)
DSC03238_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・今日は「待つ」ことについてのお話しを聞くことができて、その意味を深く考えることができました。待つのは時にいらいらすることも歩けど、ひらめきや何かを知る機会にも変わりうることを知りました。
・先生の子どもの頃のアドベントのお話しを聞いていると、小さかった頃の先生がクリスマスを待ち遠しく思っている様子がありありと思い浮かびました。
・毎年クリスマス前になるとなんかワクワクしたり、待ち遠しくなるけど、今日の歌や聖書の内容、お話しを聞いてアドベントをもっと重視したいなと思いました。日本ではクリスマスをイベントとしか捉えていないけど、もっとアドベントとかも楽しみたいと思いました。
・12月になり街もクリスマスっぽくなってきました。今日のキリスト教学でもクリスマスのお話を聞きましたが、今年はクリスマスの意味を知ることができて、これまでと違う過ごし方ができそうです。
・私もアドベントカレンダーをつけていますが、お話を聞いて、クリスマスに対する気持ちが変わりもっと待ち遠しくなりました。
・「主を待ち望むアドヴェント」という賛美歌があるのですが歌いたいなあと思いました。ロウソクに込められた意味を心に留めてクリスマスまでを過ごしたいです。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/4 23:28

2018.12.3 KSC クリスマスツリー点灯式

キリスト教の暦でアドベント(待降節)に入り、本日ツリー点灯式を行いました。
これからクリスマスまで毎日、夕方から夜にかけて点灯されます。

忙しい時期ですが、皆さんがこのツリーのあかりに照らされ、
よいクリスマスへの日々を過ごすことができますように。

「いと高きところには栄光、神にあれ。地上には平和、み心にかなう人にあれ。」(ルカ福音書2)

DSC03232_R

DSC03229_R

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/3 20:55