2018.12.4 チャペル

講話 ルース グルーベル先生(社会学部宣教師)
DSC03238_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・今日は「待つ」ことについてのお話しを聞くことができて、その意味を深く考えることができました。待つのは時にいらいらすることも歩けど、ひらめきや何かを知る機会にも変わりうることを知りました。
・先生の子どもの頃のアドベントのお話しを聞いていると、小さかった頃の先生がクリスマスを待ち遠しく思っている様子がありありと思い浮かびました。
・毎年クリスマス前になるとなんかワクワクしたり、待ち遠しくなるけど、今日の歌や聖書の内容、お話しを聞いてアドベントをもっと重視したいなと思いました。日本ではクリスマスをイベントとしか捉えていないけど、もっとアドベントとかも楽しみたいと思いました。
・12月になり街もクリスマスっぽくなってきました。今日のキリスト教学でもクリスマスのお話を聞きましたが、今年はクリスマスの意味を知ることができて、これまでと違う過ごし方ができそうです。
・私もアドベントカレンダーをつけていますが、お話を聞いて、クリスマスに対する気持ちが変わりもっと待ち遠しくなりました。
・「主を待ち望むアドヴェント」という賛美歌があるのですが歌いたいなあと思いました。ロウソクに込められた意味を心に留めてクリスマスまでを過ごしたいです。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/4 23:28

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。