2018.12.13 チャペル

講話 本田 盛 先生(総合政策学科)
DSC03362_R

(参加者の声/出席票コメントより)
・先生の過去の体験談を聞いて、オランダと日本の違いが分かりました。誰かから聞く評判ではなく、体験して分かることの大切さを考えました。
・自分の知らない世界の話で、面白かったです。感覚が随分違う土地で生きるのは大変だけど発見が多く楽しいだろうなと思いました。
・オランダに2回行ったことがあります。ハイツングの話も少しでて懐かしかったです。国の責任を問う発想などもさすがEU国だなあと思いました。
・こういった話を聞くことで日本にはない文化や考え方を得ることができます。ニュースを見るのも大切ですが実体験を聞くことは重要だとあらためて思いました。
・考え方を変えるというのは難しいなと思いました。でも理解し合わないといけないですね。
・私もアメリカに留学していた時に文化や視点の違いを感じたので、それを懐かしく思いました。
・署名の話で、国民が国に対して直接声を上げることが普通になっているのが、日本とは違うなあと思いました。日本がなぜこのような社会なのかということも興味を持ちました。

チャペルの予定はこちらのリンク先をご覧ください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2018/12/13 18:21

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。