2020年5月

【チャペル】2020年5月19日「困難な時に味わう言葉」細見和志教授(哲学概論、公共哲学などを担当)

5.19 細見先生

(要旨)
困難に出会ったとき、私たちはどうすればいいのでしょうか。歴史を振り返れば、人類は様々な困難に直面してきました。こんな時は、過去の先人の言葉に耳を傾けましょう。今日紹介するのは、「聖書」の言葉と、古代ローマ、ストア派の哲学者 エピクテトスの言葉です。

【聖書】ローマの信徒への手紙5章1~5「わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。」
これはパウロがローマにいるキリスト教信徒にあてた手紙にある言葉です。苦しいこと、困難なことに出会うと、私たちは委縮してしまって何も考えられなくなります。しかし困難を恐れてびくびくしているだけでは何も解決はしません。パウロは、私たちには困難に耐える力が与えられていることを知ってほしいいと訴えています。忍耐は、単に我慢するということではありません。忍耐は私たちに、自分には困難に対処する力があることを気づかせ、それが練達を生み、困難を乗り越える希望へとつながっていくのだ、とパウロは言いたいのです。

【エピクテトス『提要』(10)】〈困難こそが君を成長させる〉「きみが出くわすことになるどんな事態に対しても、君自身を振り返って記憶しておくがよい。困難な事態に対処するために、君がどんな能力を持っているかを探し出すように。もし、魅力的な美男美女を目にすれば、彼らに対する自制心をきみは見つけるだろう。もし苦労を背負わせられるならば、忍耐心を見つけるだろう。口汚く罵られるならば、辛抱強さを見つけるだろう。」

パウロとほぼ同時代の哲学者 エピクテトスの言葉はさらに具体的に困難に出会ったときの心構えを説いています。困難は避けることはできないし、恐れおののいていてもどうにもならない。むしろ困難は自分の能力を見つめなおすいい機会なのだ、とエピクテトスは言うのです。困難な時にこそ、自分に何ができるか、を冷静に探し出せ、そうすれば困難は自分を成長させる絶好のチャンスとなる、と説いています。自粛が要請され、家にこもって生活することを強いられている今だからこそ、自分自身を、自分の心を冷静に第三者の目で観察し、困難に対処する知恵を養う必要があるのではないでしょうか。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2020/5/23 0:08

[チャペル]2020年5月12日 KSC学生団体によるメッセージ(1)

Club Geordie、こみんか学生拠点、関学大YMCA-KSC、Bridge for Children,KGU

<Club Geordie> 前田日菜子(総3)
S__4177924S__4177926

私たち国際交流・国際協力支援団体CLUB GEORDIEは、「The First Step to the World」という理念のもと、私たちと関わる全ての人に世界への第一歩を踏み出す機会を提供しています。皆さんと同じように私たちの団体も、これまで計画していたこと、新しく挑戦したかったことが、したくてもできない状況に置かれています。ですが、このピンチをチャンスと捉えて、今だからこそできることを考えることも悪くないと思いませんか?ネガティブな気持ちとはおさらばして、「コロナがあったから全力になれた」と思えるように、みんなで頑張っていけたらと思っています。皆さんにキャンパスで会えること、そして一緒に活動できる日を心から楽しみにしています。

<こみんか学生拠点> 藤原拓海(総2)
チャペル写真
皆さんこんにちは。こみんか学生拠点、2年生の藤原拓海です。今回私が伝えたいのは「この期間を自分の大学生活を考える時間にしてほしい」ということです。大学生活の4年間、目的なく過ごしてしまうとあっという間に終わってしまいます。だからこそ今の自粛期間に大学生活の中で、自分が何をやりたいのか、どんな姿になりたいのかを考える時間にしてほしいなって思います。そういった方向性を定めて過ごすことでより多くの学びや経験を得ることができます。そのように、せっかくの大学生活、より良いものにしてもらいたいなと思います。
今1年生で、学校にいけない状況で大学生活をイメージするのは難しいと思います。だからこそ先輩たちを頼ってほしいです。「こみんか学生拠点」には大学生として多くのことにチャレンジしている先輩がいるので、お気軽に相談待ってます。

<関西学院大学YMCA-KSC> 山口菜々果(総2)
IMG_2004IMG_1996
私たちKSCYは二回生5人、三回生4人、四回生2人の計11人で活動しています。フェアトレードを中心とした活動に加え、週に一度の勉強会やYMCAの全国や海外へのプログラムへの参加を通して「一人一人の考えや価値観、多様性を認めポジティブネットを広げる」ことを大切に活動しています。世界120の国と地域に多くのメンバーがいるYMCAだからこそできる活動を今後も挑戦し続けます!このような状況だからこそできることや、一人一人がやってみたい活動や想いを実現したいと思っています。国際協力や貧困問題、あらゆる社会問題に興味はあるけど何をしたら良いのか、どう貢献できるのか悩んでいる方、ぜひKSCYで一緒に見つけませんか?

<Bridge for Children, KGU> 吉田さゆり(総4)、槙田雪乃(総2)
001_R002_R
学生国際協力団体Bridge for Children, KGUです。私たちは「For the Children’s Smile」という理念の下、日本国内外の子どもに関する活動をしています。具体的な活動は、途上国の子どもたちへ物資支援を行う海外支援プロジェクト、小学校から短期大学まで幅広い年代に向けた国際理解教育、そして子ども食堂など日本の子どもに関する活動の3つです。今、1年生の皆さんは学校に行くことができず大学生になった実感もないまま授業が始まっていることに不安を感じられているでしょう。ですが、その不安が大きい分、皆さんは残りの大学生活をきっと人一倍有意義なものできるのではないかなと思いますし、私たちBFCはそうなることを願っています。

記録

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2020/5/18 19:23

[チャペル]2020年5月5日 災害に強い家づくり(トリーベル・クリスティアン 宣教師)

triebel
「そこで、私のこれらの言葉を聞いて行う者は皆、岩の上に自分の家を建てた賢い人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家を襲っても、倒れなかった。岩を土台としていたからである。私のこれらの言葉を聞くだけで行わない者は皆、砂の上に家を建てた愚かな人に似ている。雨が降り、川があふれ、風が吹いてその家に襲いかかると、倒れて、その倒れ方がひどかった。」(マタイによる福音書7章24-27節)

総合政策学部の皆さま、こんにちわ。今年度から神戸三田キャンパスの宣教師として就任しました、トリーベル・クリスティアンと申します。総合政策学部の学生のほとんどのは、おそらく初めて私の顔を見ているのだと思います。今日は簡単に自己紹介をし、私の好きな聖書箇所についてお話をしたいと思います。

私は、見ての通り外国人なのですが、横浜生まれ、横浜育ちのドイツ人です。親はドイツから来た宣教師でした。長年川崎で開拓伝道をしていました。私はというと、日本の幼稚園に通い、小学校から高校を卒業するまではドイツ人学校に通っていました。そこまでは比較的スムーズな人生でしたが、大学受験の時に進路のことで悩みました。ドイツへ行って大学に行くべきなのか、日本の大学に行くべきなのか?というのも、私は「ドイツ人」としての感覚をあまり持っていなくて、同時に周りの友達と同じ「日本人」になれたかというとなかなかそういうわけにもいきませんでした。最終的には日本の大学に行くことを選びました。しかし大学時代、「自分はいったい誰なんだろう」、「これからどうやって生きていくべききなのか」、常に悩んでいました。それ以外にも「就職をどうすればいいのか?」「滞在許可はどうすればいいか?」「住む場所はどこがいいのか?」「付き合う人はどういう人がいいのだろうか?」自分が誰なのかがわからない時、簡単そうに見える問題がどんどん複雑になります。

そのような20代の時期にある人がこのようなことを教えてくれたのです。それは今日の聖書箇所ともつながることなのですが、人生を木に例えて、「人は木の幹や枝をばかり気にするが、台風が襲いかかる時に重要なのは見えない木の根である。」深い根をはらないと木は大きく成長できないし、すぐに倒れてしまう。他人からはなかなか見えないかもしれないですが、人生を支えているのは、その人価値観、確信、アイデンティティです。私にとってはそれはキリスト教の信仰でした。

今日の聖書箇所では、このことを家と土台に例えています。どれだけ立派な家を建てたとしても、しっかりとした土台がなければその家はすぐに壊れてしまう。努力がすべて無駄になってしまう。

ところが、私たちは家を見る時に土台には目を向けない。人を見る時に、その人の成功(あるいは失敗)ばかりに注目する。どれだけ裕福になることができたのか、どれだけ素敵な相手を見つけることができたのか、だれだけ高級なものを身に着けているのか。それ自体はみな悪いものではないです。しかし、人生の台風がやってくる時は、しっかりとした土台がなければせっかく築き上げてきた「自分」という建物は崩壊します。

なぜ、関西学院大学ではキリスト教についての授業があったり、チャペルの時間があるのかというと、勉強などで皆さんが4年かけて建て始めている「人生の建物」をしっかりとして岩の土台の上に建ててほしいからです。キリスト者にとってそれはキリストの教えであり、神を中心とした世界観です。人生の嵐や地震、ちょっと前ではリーマンショック、今では新型コロナ・パンデミックなど、定期的に私たちに襲いかかってきます。人生はそういうものです。これからもそうです。

しかしそういう時に問われるのは、普段だれも注目しない土台です。どれだけ頼りになるような岩の上に人生を立てているのかが問われるのです。普段考えないような問いが浮かび上がって答えを要求するのです。自分はなぜ存在しているのか?生きる意味は?死ぬことの意味は?人生で何が本当に大事なのか?希望の源はどこにあるのか?生きる勇気をくれるものは何なのか?

その答えによって、皆さんは自分の人生という建物を砂の上に、あるいは岩の上に建てることになるのです。世の中が大変になっている今こそ人生の地震に強い家をどう建てるのかを考える時です。ぜひ岩の上に家を建てる賢い人になってください。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2020/5/18 17:27

[チャペル]2020年4月28日 人はパンだけで生きるものではない(村瀬義史 宗教主事)

4.21村瀬

「人はパンだけで生きるものではない」という言葉には、イエスの人間観と、生きていく上での「ポリシー」の一端が表現されています。

人間は身体を持つ生き物である共に、精神・心を持つ生き物でもあります。今、「感染症の広がりを抑えるために、お互いに離れておきましょう」ということになっています。これはフィジカルな、身体的な距離を取る、ということです。フィジカル・ディスタンスですね。一方で、物体としての身体離れていても、誰かとのメンタルな、精神的な、心のつながりというものがあって、それによって自分が生きている、ということを、今、あらためて感じている人も多いのではないでしょうか。その誰かというのは物体として目に見えますが、つながり、というのは、肉眼ではみえません。食べ物を食べないと、身体が維持できない、身体を動かす「力」がわかない、ということも人間の真実です。また同時に、誰かとのつながり、自分が大切にするものとのつながりがなければ、「生きる意欲」とか「何かをする元気」がわいてこない、ということも、人間の真実だと、思います。

食べ物、身体、肉眼で見えるもの、物質的なもの、数字で表せるものはもちろん大事です。でも、ぼくらは、それら「だけ」で生きているわけではない。精神において、心において生きているし、目に見えないもの、精神的なもの、数字で表現できないものも必要です。よく考えるとあたりまえのことなのですが、なぜ、聖書はこれに注意を向けるのか、と言いますと、おそらく、わたしたち人間が、「目には見えない」ものをあまり大切にしない傾向を持っているからなのだと思います。
また、逆説的には、「精神論だけではだめだ」と言っているようにも解釈できます。

みなさんにとって、食べ物以外で、「自分が自分として」生きるために必要なものは何ですか?ちょっと考えてみてください。それは「必要なもの」なので、すでにあるはずです。「これが自分にとって必要だ!」とわざわざ言わなくたって、自分の生きることを根底から支えているものが、きっとあると思います。それを、「あたりまえのもの」だとばかり考えず、時々、あらためて感謝して受け取りなおす、ということが大切なのかもしれません。

どんな「もの」や「こと」が根本的に必要であるかは、危機に直面する時に、より明らかになります。2010年に南米チリで鉱山の落盤事故がおこって、33人の作業員が、坑道の入り口から5キロの所に取り残されました。彼らの生還は当初絶望視されましたが、69日後になんと全員が救出されましたが、2カ月以上も、彼らの生存を底支えしたのは何か。1日2回の全員でのお祈りと、「感謝の心」、そして「ユーモア」といったものが、彼らの生存にとって極めて大切だったそうです。2018年にタイで起こった洞窟の遭難事故でも、日々の「瞑想」がサッカーチームの少年らを2週間支えました。

これらは、極限状態で人間がどのように周囲の環境から身を守り、生きようとするのか、という事例ですが、今日の聖書にもつながっていると思います。そういえば、『夜と霧』という名前の本を書いたヴィクトール・フランクルという精神医学者も、強制収容所での体験として書いています。「外からの破壊的な圧力に直面したとしても、精神的な自由と柔軟性のある僅かな数の人は、よりよくその状況を生き延び、周囲に希望をもたらす者にさえなっていた」という話がそこには書かれています。

さて、みなさんにとって、食べ物の他に、生き生きと自分らしく生きるために、なくてはならないものは、何でしょうか。たくさんあるでしょう。その中で、より重要なものはなにでしょうか。毎日忙しくてそんなこと考えていられない、という人もいると思います。しかしそのように追い詰められている時にこそ、ほんのわずかな時間でも、このような角度から「自分」を振り返る時間を持てることが、どんな状態であっても、人として心豊かに生きてゆくための、一つの道なのではないかと思います。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2020/5/16 0:04

[チャペル]2020年4月21日 新年度を迎えて(古川靖洋 学部長)

4.21学部長

<メッセージ全文>
皆さま、関西学院大学総合政策学部への入学おめでとうございます。私は学部長の古川靖洋と申します。今年度は569名の新入生、21名の編入生を新たに迎えることができ、誠にうれしく思います。改めて、学部を代表して皆さまに心よりお祝い申し上げます。皆さまは、それぞれ大学進学に向けて勉強や課外活動など一生懸命に取り組んできたことと思いますが、その努力に対して敬意を表すると同時に、暖かい愛情を持って皆さんを支えてこられたご家族の方々をはじめ関係する皆さまにも心よりお祝い申し上げます。

さて、関西学院大学総合政策学部はこの4月で設立から25年が経ちました。25年前に良い未来を実現するため、「自然と人間の共生ならびに人間と人間の共生」の理念を理解し、その実現を通じて、社会の持続的発展に資する人材を育成するという目的のもと設立されたわけです。25年前の1995年は阪神淡路大震災があった年で、入試もまともにできず、まだまだ混乱が続く中で学生諸君がこの神戸三田キャンパスに集いました。 

人間はややもすれば、自分勝手で回りを顧みない行動をとってしまいます。そのため、様々な社会問題が発生するわけです。身近なゴミの問題や環境問題しかり、国際問題しかりです。しかし、これを放置してしまうと健全で安全な生活が脅かされてしまう可能性もあるわけです。世界レベルで健全かつ安全な社会を作るためにはどのような政策が必要であるかを考え、その実現のために我々は具体的にどのように行動していくのかを考えるのが総合政策学部の目的なのです。

25年が経過した今日、日本だけではなく世界の多くの国々の人々が、新型コロナウイルスの脅威にさらされています。現在、兵庫県下には緊急事態宣言が発令されており、感染防止のために皆さんの入学式は中止となり、Face to Faceでまだ皆さんにお目にかかることはできていません。せっかく希望にあふれた大学生活が始まると思ったのに、自宅でオンライン授業を受けなければならない皆さんは、本当に心配でならないと思います。学部スタッフも、一日でも早く皆さんにお目にかかりたいと思っていますが、今は少し辛抱していただきたいと思います。

では、この新型コロナウイルス問題にどう対処すればいいのでしょうか?テレビや新聞などを見ると、いろいろな分野のコメンテーターがああだこうだと色々な意見を述べていて、それを見ているだけで気分が悪くなってしまう方もいるかもしれません。しかし、そのような多様な分野の諸問題を総合的にとらえ、最善の解決策を考えるのが総合政策学部での学びなのです。例えば、感染防止のためには都市をロックダウンするべきだという意見がありますが、人々の行動に制限を賭ける法律や制度は基本的人権を脅かすものです。果たしてそのような強力な権限を簡単に首相や知事に与えてもいいのでしょうか?ロックアウトをする場合には、経済的な補償が必要だという意見がありますが、財政的に厳しい日本政府がそれを安易にやってしまうと、将来大きな赤字を若者に残すことになります。将来の財源が確保できないのに、果たしてそれをすぐに実行してもいいのでしょうか?目先のことだけを考えて、適当な意見を言うのは本当に無責任です。何らかの立場で解決策を考えなければならないですが、きちんと他の領域のことを考えたうえで、短期的な視点と長期的な視点を調整したうえで、それを示すことが必要なのです。

従来の大学教育では、例えば経済学や財政学、政治学、法学など、特定の学問領域から社会における諸問題の解決策を考えていました。しかし、例に挙げた新型コロナウイルスへの対応策のように、特定分野にだけ特化した対応策ではらちが明きません。同様の事柄はこの社会の中に多々あるのです。このように様々な視点や利害関係が複雑に入り組んだ問題への解決策を考えるツールを学ぶのが総合政策学部の学びなのです。ネイティブ教員による英語の授業をはじめ、高校までに習ってきた授業とはかなり内容が異なるもので、はじめは戸惑うこともあるかもしれませんが、これから皆さんが生活していく社会における問題を解決するために、自分が関心のある分野を積極的に学んでいってください。そしてぜひ積極的に世界に飛び出していってください。

今、総合政策学部の目的とその学びについてお話ししましたが、日常生活では、目的を特に意識せず、組織の中で活動していることが多々あります。多くの行動は従来の延長線上で行なえばよいため、ある行動をすること自体が目的化してしまっているのです。私は経営学が専門ですから企業の例を挙げますが、大企業になればなるほど、個々の人々の仕事は細分化されたものになり、全体として一体何を目的として行動しているのかを認識しづらい状態になっている場合が多くあります。こうなると人々は機械的に動くようになり、他のメンバーとの協力も不活発なものとなってしまいます。

一方、全体の目的が明確に決まっており、各メンバーがその目的に共感している場合、各メンバーの行動に変化が出てきます。全体の目的を実現するために、自発的に行動し、他のメンバーと協力するようになるわけです。つまり、目的は人の内面に影響を与えるのです。幸い、皆さまは総合政策学部の目的に共感をもったためこの学部を選択してくれたと信じています。入学に際して、学部の目的と大学へ入った自分の目的を再確認し、それぞれの目的を達成するために何をしなければならないかを十分に理解した上で、学生生活を送っていただきたいと思います。しっかりとした目的があれば、オンライン授業がしばらく続いたとしても、ぶれることなく学習することができるでしょう。

最後に、通学が再開されてから皆さんが過ごすことになる神戸三田キャンパスは自然豊かな環境で、理工学部の学生がそばにいる文理融合キャンパスです。そのキャンパスで幅広い知見をもった教員や仲間と出会い、積極的に多くの人々と交流し、充実した教育プログラムのもと、世界レベルで役に立つ様々な力を身につけ、世界のあらゆる分野で活躍する人材となってください。一日も早く皆様にお目にかかることができることをお祈りいたします。ありがとうございました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2020/5/15 23:56

[チャペル]2020年4月15日 チャペルオリエンテーション(村瀬義史 宗教主事)

4.15

関西学院は1889年(明治22年)に、アメリカ人のウォールター・ラッセル・ランバス宣教師によって立てられた、キリスト教精神を土台とする学校です。「キリスト教主義に基づく全人教育」を「建学の精神」とする本学では、単に高度な知識を身につけるだけではなく、「何のために学ぶのか」という生き方の根幹を問いながら「人」として育つ中で、各自の学問を深めることを大切にしています。このことを意識した、学院のはじめから続けられてきたプログラムがチャペルアワーです。

関西学院大学では、第一限と第二限の間にチャペルアワーをしています。短い時間ですが、オルガンの前奏があって、讃美歌を歌って、聖書読んで、お祈りして、講話を聴く、という流れで進められます。このプログラムはキリスト教の礼拝のスタイルを参考にしてはいますが、信仰を前提とする宗教行事ではなく、建学の精神を学ぶ教育行事であり、どんな立場の人にも開かれたものです。決して、特定の信仰や考え方を押し付けようとするものではありません。

チャペルでは、教員や学生そしてゲスト講師による講話、また、音楽や聖書や祈りの言葉などを聞くことを通して、様々な生き方や世界観や人間観にふれます。講話では、キリスト教や宗教に関わる内容もありますし、直接は関わらないものもありますが、必ず何らかの形で、建学の精神や学部の理念、そして、関学生のみなさんの生活と関係のある事柄が、テーマになります。
この時間は、授業とはまた異なる環境の中で、仲間と出会い、いろいろな人の言葉を聞きながら、自分のあり方をふりかえり、総政の学生としての気持ちを、リフレッシュする時間です。

また、世界に目を開き、他者の存在に気づき、物事を深く思索する力を養う時でもあります。2000年の歴史とグローバルな広がりを持つキリスト教の価値観に接することは、みなさんが、グローバルな人間になっていくうえでたいへん有意義な経験となります。そして、授業に出席するだけでは経験できないような形で、先生や学生仲間と出会うことができる新たな出会いの場でもあります。学部ホームページ内のチャペルブログを見ていただくと、これまでのチャペルの様子の一部を見ることができますので、ぜひご覧ください。

今学期に関しては、新型コロナウィルスへの対応として、やむをえず、週に1回、5分ほどの短い講話と聖書朗読の部分だけを映像と文章でお届けする形をとります。チャペルは授業ではなく、これで単位が出るというわけではありませんが、関学伝統の、関学生として成長していくために欠かすことのできない時間の一つです。あわただしい日々だからこそ、ぜひ、時々立ち止まって、チャペル・メッセージに耳を傾けていただきたいと思います。

今学期の皆さんの学びが充実したものになりますように。関学総合政策学部につらなる学生・教職員わたしたちみんなが、また、その家族が今もこれからも、心身ともに健康でいることができますように、心から祈ります。また、学生のみなさんが、総政スピリットを今こそ燃え立たせ、自分と周りの人を守るための行動を続けながら、今の、この窮屈さの中でもなお、広い視野をもってクリエイティブな過ごし方ができますように、心から祈っています。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2020/5/15 23:52

プロフィール