【チャペル】2020年6月23日「ネガティブをポジティブに!」宮川雅充 教授(環境社会学、統計学Iなどを担当)

宮川雅充 教授
皆さん、こんにちは。総合政策学科の宮川と申します。
 今日は、「懐かしい人に会った」という話をさせていただきます。10年近く前に、このチャペルアワーで、「人間万事塞翁が馬」の話をしたことがあります。もし意味をご存じない方がおられましたら、調べてみてください。座右の銘にしている人もいるくらい、素晴らしいお話だと思います。本日するのは、それと関わるような話だと思います。
私は最近、ある意味で、マイケル・ジョーダン(敬称略)と「再会」しました。マイケル・ジョーダンは、バスケットボールの往年の名選手ですね。詳しい説明は不要でしょう。ちなみに、誤解のないように補足しておきますが、一度も会ったことはありません。ただ、若かりし頃、彼のプレーと勝負強さのファンだったというだけの話です。彼のドキュメンタリーである「ラストダンス」が公開されたことの影響か、マイケル・ジョーダンに関わるニュースを目にする機会が増えたように思います。それは、とても懐かしいものでしたし、結果的に、彼の勝負強さというか力強さというか、逆境を乗り越えていく(ネガティブをポジティブに変えていく)その圧倒的な魅力を、私に思い出させてくれました。
彼は歴代でもNo.1プレーヤーといえる候補の1人だと思いますが、若い頃は得点王にはなれるが優勝はできず、何度も何度も壁にぶつかっていました。しかし、一度、優勝してしまえば圧倒的強さで3連覇、その後1度目の引退をして、野球に挑戦していましたが、電撃的に復帰。そのシーズンのプレイオフでは完全な本調子に戻っていなかったこともあり負けてしまったのですが、その次のシーズンから再び3連覇。結局、ファイナルでは一度も負けなかったと記憶しています(ちなみに彼は、その後引退し、もう一度復帰するのですが、その話はここではしません)。
結局、何度も何度も失敗し、壁にぶつかりながらも、それを乗り越えていったスーパースターと再び会い、自分の若い頃のこと(ある意味での「初心」)を思い返したということです。今は、新型コロナの影響で、通常よりも困難な時期だと思います。しかし、私たちは、とにかく、この逆境を乗り越えていかなければなりません。だとするならば、今を生きるしかない。誰が言ったか知りませんが、時間は万人に平等です。逆境に強いマイケル・ジョーダンと「再会」し、自分を奮い立たせたという話です。
皆さんも、様々な状況にありながらも、今を生きていらっしゃることと思います。苦しい状況にあったとしても、それは、もしかしたら、「塞翁が馬」、要するに、とらえ方次第なのかもしれません。たいていのことは、あとで笑い話になるらしいので、一日一日を丁寧に、前向きに頑張っていきましょう。最後に、今回の事態が一日も早く良い方向に向かい、皆さんと「いつもの」チャペルアワーでお会いできる日を楽しみにしております。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2020/6/27 23:31

コメント:0

この記事にはコメントすることができません。

プロフィール