カテゴリ : 日々のチャペル : 2012年度秋学期 :

2013-1-10 年度末チャペル

IMG_5417IMG_5374気仙沼大島プロジェクト(第13回)
参加学生による体験談とメッセージ

(参加者の声)
・今年度最後のチャペルは、気仙沼大島での支援プロジェクトの報告でした。まだあの震災は終わっていないと改めて思いました。
・自分の言葉で、見てきたものを語りかけることができる人が同じ学年にいて誇らしかった。言葉には表せない気持ちがすごく伝わってきた。
・このプロジェクトに参加したメンバーとして、チャペル報告ができたことをすごく嬉しく思いました。震災は今でも続いていることを多くの人に覚えてもらいたいと思いました。
・私も6月に気仙沼に行き、メディアで伝えられている東北の姿と実際の姿の間にあるギャップに驚きました。今日の報告を聞いて、あらためて東北と関わっていきたいと思いました。
・最後のチャペルに参加できてよかったなと思いました。震災の話を聞いて、少しでも役に立てるような事をしていきたいと思いました。
・「知っているつもりでいた」という言葉が印象的でした。実際に行かないと感じることができないものがあると痛感しました。
・大島でのボランティア体験を語る学生の言葉で、辛さに共感するのは難しいが、共感しようとした、という意味の言葉・行動がとてもいいと思いました。
・私もこのプログラムに参加しました。自分にできることは微力です。だからこそ継続した関わりが必要だし、現地を知ることが大事だと思いました。
・私も東北支援に参加したことがあります。違うチームの、違うアプローチを知ることができるよい機会でした。でも感じたことで共通する部分があってよかった。
・震災が起きた時は高校三年の時で、何もできない自分が情けないと思っていました。今、当時の思いがよみがえってきました。必ずボランティアに行きます。
・私自身、震災のことを忘れかけている一人でした。今回の報告を聞いて、決して風化させたくないと思いました。
・現地に訪れること。現地の人と触れ合うことで気づかされるもの。とても熱くなりました。1年間チャペルに参加して、自分の世界がとても広がったと感じます。ありがとうございました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/1/10 12:56

2013-1-9 チャペル

IMG_5303講話 村瀬宗教主事

(参加者の声)
・チャペルで話されるお話はどれも貴重なものでした。音楽鑑賞やフラダンスを含め自分を豊かにしてくれました。また言葉の奥深さを知りました。
・つらいことでも、楽しくやる方法が必ずあるのだと思いました。
・チャペルは、自分のことをもう一回考えたり、新しい考え方を学ぶ時間でした。
・自分にとって、チャペルは忙しい中であえて立ち止まって、自分が何を軸に生きているかを考える時間でした。これからも出席したい。
・今回のお話を聞いて、何かを楽しみながら生きていきたいと思いました。チャペルの時間は自分自身のことと他者のことをじっくり考えることができるよい時間でした。チャペルのおかげで生き方を考えるようになりました。
・正直チャペルに来るのはキリスト教学のポイント稼ぎのためでしたが、いつ来てもバラエティのある内容で色々な話が聞けて、「キリスト教の知識」というよりは大学生活に直結することを学べました。
・同じことをするにしても、考え方次第で、感じ方が大きく違ってくるのだと感じました。
・チャペルは心を落ち着かせることのできる時間であり、いろいろな人の話を通して自分の感性がみがかれる時間でした。
・自分が貴い存在だということ、辛い時も楽しめる人になる事を学びました。
・チャペルは忙しい毎日に短いけど平安をもたらしてくれる時間。他の人の活動を見て、刺激を受ける場所でもあります。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/1/9 14:58

2013-1-8 チャペル

IMG_5281講話 細見和志先生(総合政策学科)

(参加者の声)
・様々な作品が標準語である中、もっと方言やその土地の文化を大切にしていくべきだと感じました。
・聖書の言葉は、門をたたき続けること、求め続けることを意味していると聞いて、新しい聖書の見方ができました。
・人間はそれぞれ方言を話しており、標準語で訳されたものと、方言で訳された者ではずいぶんと違っていて驚きました。それぞれの言葉には深い意味があることを知りました。
・聖書の難しい言葉を岩手県の方言にすることですんなりと心の中に入ってきた。紹介していただいた本を読んでみようと思った。
・今まで聖書の日本語を読んで理解できなかったことが、先生のお話を聞いて新しい解釈が得られた。もっと聖書を深く理解してみたらおもしろそうだと思った。
・翻訳をする時には、ほとんどが標準語になってしまうけど、自分に親しみのある言葉にしてみると内容もよく分かってくると思いました。
・火曜チャペルが最後と聞いて、早かったな、と思いました。聖書を読む意味が分からなかったけど、一つ一つの言葉が自分の今の状況に当てはまっていて、自分に言われているような気がして、いつも頑張ろうと思える時間でした。
・本日のチャペルは細見教授による聖書の日本語訳に関するお話でした。標準語にされてそのままでは分かりづらい聖書の表現を、気仙語にしてみると理解しやすかったです。
・確かに聖書に書かれていることを偽善的で、とても実行できるとは思えない言葉ばかりだと考えていました。しかし今回のお話で、言語の難しさを感じたと同時に、聖書を身近に感じられました。
・今日一番心に残ったのは、「成功の秘訣は、成功するまでやり続けること」です。何千年も前からある言葉でも現代人に響くのが、聖書や宗教の魅力なのかなと思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/1/8 11:38

2012-12-20 チャペル

IMG_5241 IMG_5254
総政クリスマスチャペル 2012

(参加者の声)
・クリスマスらしい演奏をたくさんきけて、もうすぐクリスマスだなあと、ワクワクしました。
・きよしこのよるやジングルベルなど、演奏がとても心に響きました。聞いているこちらも楽しい気分になれました。ギターもお上手でしたよ!
・音楽は、人の心を穏やかにして元気を与えてくれるものだと改めて感じることができました。あめちゃんおいしかったです。
・今日の音楽チャペルで特にお気に入りはPeace on Earthだった。また聴きたいと思いました。
・ジングルベルがすごくかっこよくて、楽しそうでよかったです。むらせ先生のギターやタンバリンもKGBCの歌も感動しました。あめちゃんありがとうございました。
・クリスマス音楽を生で聞けてよかった。ジングルベルのアレンジがよかった。来年のチャペルも期待しています。
・素晴らしい演奏や歌を聞けて良かったです。最近音楽に興味を持ち始めたので、はじめようかなと思います。よいクリスマス、新年をお過ごしください。
・年内最後のチャペル。音楽で楽しく過ごせました。先生のウクレレ演奏は聞いたことがあったけど、ギターと歌は初めてでよかったです。
・クリスマスの演奏を聴いてすごく楽しい気分になりました。ギター弾き語りもよかったです!
・悩んでいることがあって苦しかったけど、音楽を聞いて楽しめた。アメちゃんもありがとうございました。
IMG_5249

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/12/20 12:39

2012-12-19 チャペル

IMG_5215講話 村瀬宗教主事

(参加者の声)
・2回生になって久しぶりにチャペル参加し、自分のことについて落ち着いて考える時間ができて、とても参加してよかったなと思いました。また来たいです。「空っぽ」の中に何かを見出せる人になりたいです。
・プレゼントは何をあげるか、よりも、どれだけ心を伝えられるかが重要だと思った。
・関学生としての初めてのクリスマスなので、キリスト教について考え、それを通して自分を省みることもいいな、と感じた。自分にとって今なにが一番大切なのかを確かめていきたい。
・「サンタの正体」だと一般的に言われている「親」のさらに奥に、隠れた本当のサンタがいるという考えが新鮮だった。
・サンタクロースには図書券をいただいています。
・心を空にしておくことは本当に大事だと思いました。私は今、何に対しても反発しかしていなくて素直に受け入れたいのに意地を張っているから辛いのだと思いました。
・「何も持たないというプレゼント」は奥深い話だと感じました。私ならきっと何か持って行ったと思います。しかし持って行くものは思い浮かびません。
・先生が洗礼を受けた時の話を聞いて驚きました。思わぬ捉え方の変化や出会いが起こるかもしれないので楽しみにしたい。
・この世には見返りを求めない贈り物がある、という言葉がとても印象的だった。自分がいろんな人に一方的に助けられていることが多々あることに気付いたからだ。
・今年ももうすぐ終わります。思い返せばあっという間の一年でした。大学という環境で新しいことばかりでした。来年も今年以上に頑張ります。その前に今年のクリスマスを有意義に過ごしたい。
・サンタクロースは子どものためだけのものではなく、大人のためのものであることが知れた。自分にはない考え方だった。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/12/19 11:36

2012-12-18 チャペル

IMG_5175講話 中條道雄先生(国際政策学科)

(参加者の声)
・総合政策学部にいて、様々なチャンスがありそれを生かせるかどうかは自分次第だと感じた。積極性をもって日々勉学に励みたい。
・積極性、出会い、関学、という3つのポイントで話をされ、大学生として大切にすべきよいアドバイスをいただきました。
・話を聞いて思ったのは「機会」は身近にとてもたくさんある。しかし、積極的にその機会に関わらなければ、その機会を自分のものにはできない。なので、在学中に「機会」に関わっていきたいと思う。
・普段の授業では聞けない話がきけて良かった。関学の総政に入ったことを無題にしないように4年過ごしたい。
・先生が言っていた3つのポイント、全てが今の私に欠けているなと思った。そこを補いながら、もっと学生生活を充実させねば。
・チャンスって本当にあるんだなあ、と思いました。恐れずに色々なことにチャレンジすることこそ、道を拓く方法だと思います。
・私は関学の総合政策学部の学生であることに誇りを持っている。将来のための勉強ができるのは関学の精神というものが学べるからである。これからも充実した日々を送りたい。
・関学の大先輩の講話がきけてよかった。特に総政のグローバルな視点をよく反映された先生だと思うのでもっと話を聞きたい。
・今日の話から総合政策学部が充実している学部なのだということに改めて気づかされた。また、もっとチャペルでいろいろな知識を吸収したいと思いました。IMG_5180

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/12/18 13:20

2012-12-14 関西学院クリスマス礼拝(神戸三田キャンパス)

関西学院クリスマス礼拝 音楽で祝う降誕
KSC-Ch (2) KSC-Ch (4)KSC-Ch (5)
KSC-Ch (1)

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/12/18 13:05

2012-12-13 チャペル

IMG_5007講話 末岡成夫氏(三田北摂ルーテル教会牧師)

(参加者の声)
・昨年のクリスマスまでは、キリスト教に関する知識が全くなかったが、こうして今年キリスト教のことを学ぶ機会があって、今までよりももっとクリスマスが楽しめそうな気がします。
・生きてゆくうえで、自分の存在価値がないと思うことが多々あります。親とケンカなどをして「もういらん!」と言われたら、自分は存在しなかった方が良かったのでは、と思ってしまいます。でも今日の末岡牧師の「一人一人存在する意味がある」という話を聞いて、少し救われた気がしました。
・今日のキリスト教学と、偶然か必然か、内容が通じるところがあり、愛や尊厳について深く考えさせられた。
・どうしても他人と比べてしまい、自分の存在意義を疑ってしまうことがあったが、存在自体に意味があるのだという話で、気持ちが軽やかになった。自分を卑下するのではなく、高めたい。
・比較して、優れている方が神に愛されるということではなく、この世に命を授かった誰もが愛されている。このことを見つめ直すのがクリスマス。このフレーズが心に響いた。
・今日はすごく嫌なことがあって悲しかったけれど、やっぱりチャペルで歌うと落ちつく。また、お話を聞いて、”愛”とは何かを知ることができた。苦しみをとってくれるお話で、本当に聞きに来てよかった。
・お話が心にしみました。大学生活の中で自分の存在の意味やこの世に生まれた喜びを忘れがちですが、クリスマスを通して皆が思い出してくれることを祈ります。
・今日の講話を聞いて、クリスマスはなんて素敵な日なのだろうと思いました。私は今までクリスマスを遊びの日としか思っていませんでした。
・タイを訪問されたときの話はとても興味深かったです。宗教は国境を超えるものだと改めて感じました。
・私は今いろいろな悩みがあり、自分に存在価値があるかどうか確かめようとしていました。でも、私は私らしく生きて、両親や友達を大切にしようと思いました。
・私もいつも他者との比較で自分を考えています。でも”beingの価値観”で、私というオンリーワンを見つけ、把握し、今一番頭の中を占めている就職活動を頑張っていきたいと思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/12/13 14:49

2012-12-12 チャペル

IMG_4940講話 久保田哲夫先生(国際政策学科)
クリスマスの音楽 パート2

(参加者の声)
・今日のチャペルの讃美歌が、バイト先でクリスマスソングとして流している曲だったのでびっくりしました。
・一番印象に残ったのは太鼓たたきの少年の歌です。”贈り物”という概念を、ある意味最もよく表していると思いました。
・中学生以来、クリスマスに関する音楽を聴く機会があまりなかったけど久しぶりに聞いたので、クリスマスが近づいてくる実感を味わうことができた。
・今日の曲の中には私たちにも親しみのある曲があった。いつもは聞き流している曲にも聖書の内容が含まれていたりすることもあるんだなと思った。
・今日きいた曲は、どれも穏やかでありながら力強さを感じた。音楽の力はすごいと思ったし、とても心が落ち着いてよい時間を過ごすことができた。
・イエスの死を心から悼むことができる博士たちの話を聞いたのが、最も印象的でした。そして音楽は、ハーモニーがとても綺麗でクリスマスを伝える仕上がりになっていたのがよかったです。
・久保田先生の解説で、より深いところで、キリスト教とクリスマスソングとの関係を理解できた。
・伝統的なクリスマスの曲は、有名なシンガーがカバーしているのを聞くことが多いのですが、オリジナルも聞いてみたいと思いました。
・日本では多くの人がクリスマスをイベントとして過ごしがちだが、聖書と音楽という観点からクリスマスを考えてみるのも面白いと思った。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/12/12 11:34

2012-12-11 チャペル

2012-12-11講話 久野武先生(総合政策学科)

(参加者の声)
・私は先生がおっしゃった「ひねくれた目」といのがうらやましいです。それは違う視点から見れるということ。
・総政ではたくさんの視点から物事を見ることが求められていると思います。尖閣問題も、一方的な見方だけでは十分には理解できないと思いました。
・私は「ひねくれている」というのは、違う視点から物事を見ることができていることの裏返しなのではないかと思いました。いろんな角度から考えることが大事だと思いました。
・「素直な目」と「ひねくれた目」とは、正反対なようで意外と似ているものだと感じた。
・大変感銘を受けました。「ひねくれた」目というのは、浮ついていない、現実的な見方ではないでしょうか。現在日本が抱える課題においてそういう視点が大切だと思いました。
・久野先生のユーモアを交えたお話がとても面白かったです。人と違う視点で考えることは大切だと思いました。
・話を聞いて、本当の「素直さ」ってなんだろうと思いました。
・先生の昔の懐かしいお話で印象に残ったのは宗教についてでした。先生は「ひねくれている」のではなく自分の意見をしっかりと持っていらっしゃる方なのだと実感できてよかったです。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2012/12/11 13:20