カテゴリ : 日々のチャペル : 2013年度秋学期 :

2014-1-9 学期末チャペル

講話 村瀬義史(宗教主事)

(参加者の声)
・”自分がしたいと思っていることが、結果的に他者や世界のためにもなっているような・・”という部分が印象に残っています。これからの大学生活の中で、他人と共に生きるような事柄が、私の生き方になったらいいなと思いました。
・Is this the world we createdの歌詞はとても良かったです。人の痛みを分かることができる人になりたいです。
・クイーンの歌に先生が付けていた訳を見て涙が出てきました。「神は天から私たちの世界を見てどう思っているのだろう」という歌詞がありましたが、きっと悲しんでいるだろうと思いました。神がほほえんでくれるような世界を私たちはつくらなければならないと思いました。
・自分が望むことと世界が必要としていることが重なるような、”正しい”夢を持てるように視野を広げよう。考えたら当たり前だけど、今まで自分がこういう考えを持っていなかったので衝撃でした。
・今までチャペルに出席してきてよかったなと思いました。自分と向き合い、また他の人や物事について考えるいい時間になりました。
・「今の自分は、過去からすれば一番、年をとっているが、未来からすれば一番若い」という言葉が心に残った。前向きにこれからの学生生活を送りたい。
・試験の点数はすごく大事だけど、それだけではなく困っている人を助けることなども、忘れてはいけないと改めて思いました。
・1年間、チャペルに出れてよかったと思います。知らなかった活動や物の見方を得ることができたし、少し自分が「グローバル」に近づくことができたと思う。来年以降も出席します。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/1/9 12:20

2014-1-8 チャペル

IMG_7407関西学院大学YMCA-KSC
齋藤綾乃(総政1)、眞鍋周平(総政1)
YMCA地球市民育成プロジェクト2013について

(参加者の声)
・同じ一回生の人たちがこんなに頑張っているのを見て、刺激を受けました。私も様々なことに問題意識を持っていきたいです。
・とても興味あるお話を聞くことができて良かったです。貿易ゲームにすごく関心を持ちました。私も体験したいです。
・体験発表をして下さった中で、東ティモールの人の寿司のエピソードを聞いて、自分たちの価値観とは違いがあると思った。しかし、自分の価値観が当たり前ではなく、相手の価値観を尊敬できる人になりたいと考えた。
・YMCAの活動について聞き、様々な国の人と触れあい、グローバルな視点で物事を見る訓練ができるのが素晴らしいなと思った。
・このような活動は本当によい経験になるだろうと思った。実際に活動に参加することで、新たな考えを持てたり、新しく知ることもあるんだと知り、魅力的なプログラムだと思った。
・YMCAの活動や目標について聞くことができて、興味を持った。世界のYMCAとのネットワークはすごいと思った。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/1/8 18:14

2014-1-7 チャペル

IMG_7340講話 鎌田康男先生(総合政策学科)

(参加者の声)
・写真をたくさん見せてくださったり、音楽を聞かせてくださったので、イメージが湧いてとても面白かったです。また、日本とドイツとの発想の違いの話から、本当に「必要なこと」を発信していく人が必要なんだということが分かりました。
・今日のチャペルはドイツの話で、途中、ミサの音声を聞かせてもらいました。このように普段の生活では聞けないことを学べてよかったです。
・ドイツのキリスト教にまつわる行事や場所について知ることができました。建物や景観の写真はどれもきれいで、いい所だなと思いました。
・ドイツの人々のクリスマスの過ごし方について、貧困のことを考えてクリスマスを過ごすメッセージを大統領が言っているのは素晴らしいと感じた。快楽を考えてばかりでは問題は解決できないとあらためて思った。
・今週でチャペルが終わってしまうので、少しさみしい気がした。アウグスブルグの風景がとてもきれいで、聖アンナ教会の写真も迫力があり、ドイツに行ってみたい気持ちになった。
・日本のものとは違う、厳かなクリスマスだった。私はクリスマスチャペルが好きなので、ドイツのものにも参加してみたいと思った。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2014/1/7 23:25

2013-12-19 チャペル

IMG_7333総政クリスマスチャペル2013
K.G. Blessed Choir feat. M.

(参加者の声)
・黄金糖ありがとうございました。「自分で食べず、誰かにあげる」というルールですが、隣の人と交換しました(笑)。少し早いですがメリークリスマス!よいお年を。
・村瀬少年の話がとても面白く、自分も似たような体験があったので思い出して心が温かくなりました。歌はとても好きな歌だったので感動しました。
・先生からの黄金糖プレゼントの方法に驚いた。あげた方ももらった方も幸せになれるのがプレゼントの魅力だと思う。今度、バイト先の塾で同じことを生徒にしようかと思う。KGBCはいつ聞いても良いなと思った。手拍子で参加できてよかった。
・人を疑うことはたやすい、しかし人を信じることはとても難しいことだと思っていたが、お話を聞いて、その壁さえも飛び越える人の優しさに気づくことができた。私も誰かに温かな記憶を贈れる人になりたい。
・黄金糖をくれるおっちゃんの話に、人を信じることの大切さを感じた。たとえその時裏切られようと、後に、その人が先生のように思い出してくれることで、価値あるものに変わると感じた。
・アメをもらって普通に自分で食べるより、「人にあげてください」と言われてワクワクしました。演奏がすごくきれいでした。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/12/19 13:32

2013-12-17 関西学院クリスマス礼拝(KSC)―音楽で祝う降誕―

第一部 礼拝メッセージ Ruth M. Grubel 院長
朗読:足立唯夏、薮内麻侑子、茶木琴(総政1)

第二部 祝会出演:K.G.Blessed Choir、関西学院Sandian Brass、
理工ハンドベル、関西学院室内合奏団、KGバグパイプサークル
華乃めろでぃ、四笑亭笑渦(甲山落語研究会)

KSC2013 (1)
KSC2013 (2)

KSC2013 (3)
KSC2013 (4)
KSC2013 (5)
KSC2013 (6)
KSC2013 (7)
IMG_5210

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/12/18 18:28

2013-12-18 チャペル

IMG_7296講話 原田千尋さん(都市政策学科4年)

(参加者の声)
・誰かのために役に立つ、ということに今まで違和感を感じてこなかったが、この話を聞いて、誰かと「共に」何かを行う方が継続してやっていけると感じた。
・総政には、集まってくれたり、意見をくれる仲間がいる、という話には本当に共感しました。私も毎日、素敵な仲間に出会えたなと感じています。総政サイコー!
・学生生活を通して1つやり切った人は、やはりかっこいいと思いました。人の話をよく聞くことが仲間を得ることにつながるというのが印象に残りました。
・とても興味あるお話しを聞けて良かったです。ひと時だけ考えるのではなくて、考え続けることが大切ということは、なかなか実現することのできていない所なので、もう一度自分で考えたい。
・やはり「助けてあげる」というのではなく、「共に」という意識が大切なんだなと思った。また大学生だからこそできる活動があると思うので、積極的に参加してゆこうと思いました。
・「一生つながっていたい事」というのを私はまだ見つけることができていないので、見つけたいと思います。
・お話しを聞いて、とてつもなく問題意識が高いなと思いました。やりたいと思ったことを行動に移すことができるのがすごいと思い、見習いたいと思いました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/12/18 15:35

2013-12-17 チャペル

IMG_7194講話 石田由美子氏(宝塚ワイズメンズクラブ会長)
   with Mahalo Hula girls

(参加者の声)
・今日はYMCAのことを知ることができ良い機会でした。119か国と地域に広がる非営利団体と知り、とても世界的なネットワークで活動していることに感心した。
・YMCAの正三角形の「精神」「知性」「身体」のバランスというのは生きていく上で人として備えておくべきものだと考えた。
・ワイズメンズクラブがどういう活動をしているかよくわかった。とても楽しそうなプログラムがあるなと思いました。
・アドベントの3つ目のロウソクが灯り、クリスマスが近づいてきたことを実感しました。また初めてYMCAのことを詳しく知り、とても興味を持ちました。
・アロハの衣装を着ているのに、歌詞に「メリークリスマス」があって不思議な感じでした。踊りがキレイでした。
・石田さんの姿勢、話し方、視線、声、どれも大変魅力的で強く印象に残りました。
・つい最近、高校の友達とYMCAの活動に参加しようと話していた所なので、すごくためになるお話しでした。参加を真剣に考えています。
・「頑張って一歩を踏み出す」という石田先生の言葉が心に響きました。マハロの皆さんからの素敵なクリスマスプレゼントもありがとうございました。
・海外での活動において英語はやはり大切になってくるのだと思い直しました。フラサークルの方々のクリスマスの曲が、ゆったりしていた気持ちが温かくなりました。
IMG_7206

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/12/17 16:29

2013-12-12 チャペル

IMG_7151講話 Yuri Tijerino先生(メディア情報学科教員)

(参加者の声)
・クリスマスにふさわしい美しい詩を聞くことができてよかった。
・”Mastery for Service”のように、モノだけでなく、心も一緒にギフトとして渡すべきというのはほんとうに大切だと思った。
・今まで、どちらかというとプレゼントをもらう側だったので、あげる側の気持ちをそれほど考えたことがなかったのですが、もらうのと同じにあげるのもワクワクします。
・英語を聞き取るのが難しい部分があったけど、クリスマスは周りの人への感謝について考える日にしたいと思った。
・キリ教の授業やチャペルを聞くにつれて、クリスマスについての印象がどんどん変わってきました。
・クリスマスはパーティをするというイメージだったけど、関学のモットーのように仕える日であるということが印象的だった。
・プレゼントや喜びをもらう機会の多いクリスマスに、自分からも何か相手に与えられるようにすることも大切だと思った。
・日々与えられているものに感謝して生きようと思った。私たちの「当たり前」が他の人には必ずしもそうでない場合があるので、そういう人たちのことを思う時間を少しでも持ちたい。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/12/12 12:00

2013-12-10 チャペル

IMG_7138バナジー・サラフィーナ(総政1回)
中村優希(総政1回)
インド・マザーテレサの施設でのボランティア活動体験記

(参加者の声)
・私と同じ一回生の中でこんなに活動的でいろんなことを考えている人がいるんだなと思いました。普段の生活では気づかないことを、インドなど外から見て考えてみることで、多くの事に気付けた。
・路上で貧し人々が、ただ座ってお金をくれるひとを待っている姿を見て最初はびっくりしたけど日本でも、同じような貧困があるので、どこの国でも貧しい人々のために何かすべきだと思う。
・笑顔が英語を超えるグローバルな言語、と聞いて、改めて英語を話せることだけがグローバル人というわけじゃないことに気づいた。笑顔は心をつなぐ大切な言語だ。
・インドの実態もよく理解できたし、インドでの貴重な体験を聞けて良かった。友だちが前に立って話しているのを見て刺激を受けた。
・マザーテレサの思いが今でも受け継がれていて、あたたかい気持ちになりました。しかし施設の中で終わってしまっているらしいので、施設外にもその思いが広がっていくことが課題なのかと思います。
・名前がないまま死んでいくという話がとても悲しかったです。自分が生きていた証しが残らないのはつらいことだと思った。
・最後に言っていた、マザーテレサの「自分の国に帰ったら、そこでコルカタを見つけてください」という言葉にドカンときました。
・マザーテレサの施設でボランティアをしたという体験はすばらしいと思ったし、そんな機会があってうらやましいです。活動内容がよく分かりました。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/12/10 12:21

2013-12-9 大学合同クリスマスチャペル

神戸三田キャンパス 合同クリスマスチャペル2013

講話「天使が話してくれたこと」
   前川 裕(理工学部宗教主事)
IMG_7008

IMG_7107

IMG_6997

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2013/12/9 13:39