ゼミの内容

本田ゼミでは言語学を研究します。言語学にはさまざまな領域がありますが、生成文法理論という言語理論に基づいて、言語に対する理解を深めていきます。

みなさんの多くは日本語を母語としていると思いますが、その日本語についてどれくらい知ってますか?日本語についての知識というと、たぶん漢字とか熟語とか、助詞の種類や用言・体言といった文法用語を思い浮かべる人も多いかもしれません。実はこういった学校で習う知識とは違って、日本語の母語話者としての無意識の言語知識があるのです。

「花子は料理がうまい」は日本語として違和感のない分ですよね。しかし「花子は料理をうまい」というのはそうは感じないはずです。「花子は料理をうまく作る」はだいじょうぶなはずです。何でこのような違いがあるのでしょう。なぜみなさんはこれらの違いを判断できるのでしょう。それはみなさんが日本語の母語話者としての言語知識を持っているからです。この知識は学校で習ったことがある知識ではありません。みなさんが日本語の母語話者であるということが、すなわちこうした言語知識を自動的に持っているということになるのです。

この言語知識はどのようなものかを研究するのがぼくのゼミです。チョムスキーという言語学者が提唱している生成文法という言語理論をベースに、言語が作り出すさまざまな現象をデータとして、母語話者の言語知識がどのようなものかをさぐっていきます。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2009/11/11 17:45

プロフィール


本田盛
研究分野のキーワード 言語学、生成文法理論、言語の普遍的特性 研究内容 英語と日本語を較べてみると、実にさまざまな相違点がある。語順や形語の違い、冠詞の有無などはその一例であろう。英語か...

カテゴリー一覧