10月22日今田遼一発表の感想

井垣ゼミ 3回生 今田遼一

10/22の発表を終えて

僕は極度のあがり症である。

この発表のある3日前から頭に浮かぶのは発表のことばかり。

頭の中は黙示録に記される終末を知らせるラッパの音が鳴り響いているかのように騒がしく、ぐちゃぐちゃになっていた。

始まる直前まで僕はこの発表が成功するはずがない。

きっと頭が真っ白になってしまい支離滅裂なものになってしまうだろう。

そう思っていた。

しかし発表が始まったらどういうことだろうか。口からは僕自身で整理し紡いだ言葉が次々とでてきているではないか!

これは井垣先生の教えである

「本の内容をそのまま読み上げてはダメだ。本質を理解して自分の言葉で発表しなさい。」

これそのものではないか!

つまり今回の成功は本の内容の表面をなぞるのではなく本質的に理解していたからこそのものだったのだ。

発表が終わる頃には終末を告げるラッパの音は盛大なファンファーレへと変化していた。

どちらも騒々しいことに違いはない。

しかし僕にとってこの変化はとても大きなものであった。

最後に彼等への感謝の気持ちで締めようと思う。

この成功は自分だけの力によるものではなくゼミの仲間達がいなければ有り得なかったことである。

様々な気づきを与えてくれる仲間、そしてご指導ご鞭撻をしてくださる井垣先生に最大の敬意と感謝を。

D55EF8B4-CEBB-42E3-A6D4-814D39063CFE

終わって黒板を見てみたら字が汚くてビックリしました

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2020/10/22 8:02

コメント:1

    投稿者:井垣| 投稿日時:

    みんなプレゼンのたびに成長しているね。互いに刺激しあって、全員で伸びていこう!

コメントを投稿する

トラックバック:0

トラックバックURL
http://kg-sps.jp/blogs/igaki/2020/10/22/693/trackback/
この記事へのトラックバック

まだトラックバックはありません。

プロフィール


井垣 伸子
研究分野のキーワード 数学、意思決定科学、確率過程 研究内容 中学や高校のときに習った数学は、大人になってから何かの役に立っているでしょうか? 私はこのことを考えていて、あることに思いあ...

カテゴリー一覧