台日合同研究発表会の報告

日時:2018年12月26日

場所:致理科技大学

参加校:日本から岡山理科大学と関西学院大学と関西大学の3校、台湾の致理科技大学

発表テーマ:「台湾と日本の大学生におけるテレビの視聴行動の比較研究」

 

私は発表会に参加し、様々な課題や重要なことを学んだ。他校の発表はとても興味深いものが多く、台湾の学生は日本語で発表を行っていた。他言語で発表を行うことは難しいことであるので、とても魅了された。また、他校の発表を見て感じたことは、自信をもって発表することの大切さだ。原稿を読みながら発表をする人もいれば、何も持たずに発表する人もいた。後者の発表の方が理解しやすく聞く耳を持ち易かった。このことから発表を行うときは内容を理解し、事前にしっかりとした準備と練習を行うことの大切さを学んだ。

また、今回の研究から多くのことを学んだ。1つは、自分の意見や制作物のフィードバックを受けることの大切さだ。自分一人で考えたものは思考が似たり寄ったりのものが多く、誤りに気づくことが難しい。その為、他の人に意見などを貰うことで筋の通った正しいものが出来ると実感した。もう1つは、自分の詰めの甘さ、怠惰さが露呈してしまったことだ。今回の研究は、個人で作業するものではなく、グループで行うものであった。故に、自分一人が楽をしてしまうとメンバーに迷惑をかけてしまう。このことに対しての認識が弱かったと感じた。この思考、性格を直すことが一番の課題であると学んだ。最後は、積極性が足りなかったということだ。自らの発表に意識が行き過ぎて、他の発表に対して質問をすることが出来なかった。貴重な経験を無駄にしてしまったと、後から深く感じた。この3つの学びを活かして、同じ過ちは繰り返さないように入念な準備を行い、これからの活動に取り組んでいく。

  • 投稿者:
  • 投稿日時:2019/1/10 0:22

コメント:1

    投稿者:伊佐田百合子| 投稿日時:2019/01/10 12:02

    吉田さんの投稿にコメントを記載しました.
    貴方の投稿にも同様のことが言えます.
    吉田さんへのコメントをよく確認しましょう.

    伊佐田

コメントを投稿する

コメントを残すにはログインしてください。

プロフィール


伊佐田百合子
【学歴】 同志社大学工学部電気工学科卒業(1988) 関西大学大学院総合情報学研究科修士課程修了(2000) 関西大学大学院総合情報学研究科博士課程修了(2003) 【職歴】 松下電器産業株...