台日合同研究発表会の報告

2018年12月26日に行われた台日合同研究発表会に参加し、私は多くのことを学んだ。まず、一つ目は他者の発表をしっかり視聴することで、自分の間違いに気づけることが多くあった。発表の仕方ひとつ取ってもわかりやすかったり、理解しにくい表現など普段使っているのに実際に聞く側に立つことによって気づく点がたくさんあった。また、自分たちの発表において、事前に準備はしていたものの、やはり準備不足な点が多く目立った。質問や意見などのフィードバックをもらうことで、不足していた情報や、まだまだ研究余地があることがわかった。私は、この研究会で一番良かったと思うことは、日本の学生と台湾の学生が実際に交流することでお互いの習慣や風習などの違いを肌で実感できたことだと思う。同世代の大学生が、全然違う視点でモノを見ていたり考えていて、様々な知見を知ることができた。研究発表をするまでの流れ、事前準備の大切さ、他学生・他者との交流の大切さを学んだ研究会だった。この学びを生かし、これからの研究に取り組んでいきたいと思う。

 

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

コメントを残すにはログインしてください。

プロフィール


伊佐田百合子
【学歴】 同志社大学工学部電気工学科卒業(1988) 関西大学大学院総合情報学研究科修士課程修了(2000) 関西大学大学院総合情報学研究科博士課程修了(2003) 【職歴】 松下電器産業株...