台日合同研究発表会の報告

2018年12月26日に行われた台日合同研究発表会に参加し、私は二つのことを学んだ。まず一つ目は日本語学科に通う台湾人学生の就職の幅を台湾だけでなく、世界も視野に入れていたことである。私は就職といえば日本でするものと考えていたのに対し、台湾人学生はインターンシップを他国でしており、就職も海外で考えているということに大きく衝撃を受けた。そして二つ目は、発表を行った後、同年代の学生間でディベートをしていて、自分では気づかなかった点など指摘していてそのディベートのレベルが高く、私は全くかかわることができなかった。これからこの台日合同研究発表会をとおし学んだことを生かしていきたい。

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

コメントを残すにはログインしてください。

プロフィール


伊佐田百合子
【学歴】 同志社大学工学部電気工学科卒業(1988) 関西大学大学院総合情報学研究科修士課程修了(2000) 関西大学大学院総合情報学研究科博士課程修了(2003) 【職歴】 松下電器産業株...