台日合同研究発表会報告

12月6日に台日学生合同研究発表会に参加しました。この発表会は関西学院大学、致理科技大学、関西大学、岡山理科大学の大学生、大学院生が研究会に参加し、聴講ならびに発表を行い、議論する場です。今回私は初めての発表会に参加し、グループのメンバと一緒に台湾と日本の大学生の視聴行動について発表を行いました。意見やコメントをいただく、有意義な経験だと思います。
他大学の学生の発表を聞いて、食文化、経営、メディアなど様々な分野を応用した研究を聴講することができ、どの研究室の発表から新たな知識を了解しました。関西大学の発表について、私たちの研究分野と違うけど、分析手法が似ています。彼らの発表から、自分が研究手法に関する知識をもっと勉強しなければならないと認識しました。岡山理科大学の発表は動画利用サービスのユーザーのメディアに対しての利用行動と利用心理について、発表をしました。発表者の発表は聴者に自分の研究した内容をちゃんと伝えました。私たちのチームの発表について、研究の不足の部分があります。先生のコメントをいただく、自分の研究で考えたことがない部分が分かりました。とても貴重な意見だとおもいます。先生から貰ったコメントを参考に、より質の高い研究に向けて、頑張っていきたいと思います。
また、今回の研究発表を通じて、自分はメディアという分野の知識はまだまだ足りないということに改めて認識しました。今後も自分の研究分野を深めていきたいと思います。

コメント:0

まだコメントはありません。

コメントを投稿する

コメントを残すにはログインしてください。

プロフィール


伊佐田百合子
【学歴】 同志社大学工学部電気工学科卒業(1988) 関西大学大学院総合情報学研究科修士課程修了(2000) 関西大学大学院総合情報学研究科博士課程修了(2003) 【職歴】 松下電器産業株...