2011年4月

新しい風

 1

皆様、いかがお過ごしでしょうか。お久しぶりです^^ web担当の塙です。
更新が遅くなりましたが、4月8日から新年度の鎌田ゼミが始まりました!

本年度もブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。

また、ゼミの曜日が去年は火曜日と木曜日だったのが、火曜日と金曜日に変わりました。始まる時間は変わらず、火曜日が16時50分から、金曜日が15時10分からです。

 

さて、今回は4月8日に行った、第一回目のミクロゼミの様子をとっても簡単にご紹介いたします。
*文献を1冊ざっくりと読む読み方をマクロ読み、1冊を何回かに分けて読む読み方をミクロ読みと鎌田ゼミでは呼んでいます。通常のゼミでは、火曜日はマクロ読みの文献を、金曜日はミクロ読みの文献を扱うようにしているので、火曜日をマクロゼミ、金曜日をミクロゼミと呼んでいます。

 

2

新年度最初のミクロゼミで扱う文献はカントの『道徳形而上学原論』でした。

こちらの写真に写っているのは、新研究演習Ⅰ生の一部です。皆さん、一回目のゼミということで少し緊張しているようでした。それでも熱心な様子が伝わってきますね。

カントの難解な文章に苦戦しながらも、哲学の世界に引き込まれていっているように、私には見えました^^

 

3

こちらの写真は、鎌田先生に用語の語源を解説していただいている様子です。
一つ一つの言葉がどのような語源から成っているのかを知ると、今までとは世界が少し違うように見えてくるから不思議ですね。

いかがでしたでしょうか?鎌田ゼミの様子が少しでも伝われば幸いです。「こういうことはどうなってるんだろう?」等々、気になったことがある方は、コメント欄で質問いただけたらできる限りお答えします。学科選択、ゼミ選択の際に参考にしていただければと思います^^

また、鎌田ゼミでは見学に来ていただける方を歓迎しています。事前にお知らせいただければ資料もご用意いたしますので、少しでも興味がある方は一度見学に来てみてください(変更がない限りは教室は3号館の320教室でやっています)。

皆様、本年度もよろしくお願いいたします。

 

研究演習Ⅱ 塙

—————————————-

参考文献

・カント著『道徳形而上学原論』 篠田英雄訳、岩波書店、1785年。

プロフィール


鎌田 康男
現在、関西学院大学名誉教授(2016年3月定年退職) 《共生と公共性の philosophy》 ★プロフィール詳細

このページの先頭へ