2013年5月

2013年度 春合宿

こんにちは。研究演習Ⅱの靍です。

2013年度のゼミが始動して約1ヶ月半がたちました。23名という人数でゼミ生一同日々奮闘しております。

さて、先日5月18日〜19日に、関西学院千刈キャンプ場にて、鎌田ゼミ基礎演習生との合同合宿が行われました。

与えられた3つの文献を自由に使い、基礎演習生と研究演習生が合同で、グループに分かれ、プレゼンテーションをするというのが合宿の主な内容です。

今回の文献は以下の3冊です。

1. オルテガ著『大衆の反逆』

2. テンニエス著『ゲマインシャフトとゲゼルシャフト』

3. フレチエット著『環境の倫理』

それぞれ現代社会の問題を象徴するような文献であり、難しい部分もありましたが、自分たちの日々の生活や経験などを振り返りながら問題意識を発見していくよう努めました。

各グループの発表タイトルは以下の通りです。

Aグループ 『大衆と現代政治』

Bグループ 『意味のある生活のためのゲマインシャフト』

Cグループ 『他人依存症 ブランドイメージ』

Dグループ 『日本人のゲマインシャフト的主体性』

Eグループ 『SNSによる人間関係の希薄化』

Fグループ 『噂との付き合い方』

それぞれ、独自性をもった発表となり実りある春合宿となりました。

以上にて、春合宿の報告を終わらせていただきます。

プロフィール


鎌田 康男
現在、関西学院大学名誉教授(2016年3月定年退職) 《共生と公共性の philosophy》 ★プロフィール詳細

このページの先頭へ